リナム

リナムの花
写真 'ブルードレス'
撮影時期 2013.4.28
栽培状況 秋まき後、庭植え

科名・属名

アマ科
アマ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

フラックス

原産地

アルジェリア

用途

庭植え

花期

4〜5月

【リナムについて】

リナムというのは、アマ属の属名ですが、園芸として栽培されているのは、アルジェリアなど北アフリカ原産のグランディフローラム(L. grandiflorum)です。花色は、‘ブルードレス’のように青紫が普通ですが、変種に真っ赤な花が咲くベニバナアマがあります。本来なら一緒にすべきですがベニバナアマとしてタネが売られていますので別にしてあります。どちらも、まとめて植えると一層見栄えがします。

アマ属の中では、ヨーロッパ原産の宿根アマL. perenne)も栽培されています。なお、アマ(l. usititissimum)は、有用植物として広く栽培されています。

【栽培メモ】

気温が比較的高い9月下旬に播いたときは、ポリポットに播いた苗は順調に育ちましたが、育苗箱に播いた方はポットに植え替えた後、植え傷みする株が出ました。

以前、10月中旬に播いたときは、早めにポットに植え替えて育てましたが、植え替え後、少し日陰に置いていましたし、気温も低めだったので、さほど問題はありませんでした。しかし、後々の手間を考えるとポリポットに直接播いた方が無難のようです。

【リナムの概要】

リナムの花

草丈

40〜50pほどです。

花径3.5p程度の光沢のある花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 弱い

耐寒性は強く、露地植えで問題なく育ちます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Linum grandiflorum

学名の説明

Linum・・・・・linon(糸)が語源です。

grandiflorum・・・・・「大きい花の」

【主な種類と品種】

‘ブルードレス’

草丈50pほどで、青紫の花が咲きます。

‘チャーマーミックス’

草丈40〜50pほどのやや低い品種で、白やオレンジなどの花色がミックスされています。(写真:最下段)

‘ブライトアイズ’

草丈40〜50pほどで、中心がえんじの白花です。(写真:下から2枚目)

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 摘芯をして枝数を増やしてやると花付きがよくなります。

リナムの花

タネまき

リナムは移植を嫌いますので、ポリポットやセルトレイに播いて育苗します。発芽適温が15〜20度ですので、9月下旬〜10月中旬に播き、覆土は2mmほどにします。

植え付け

ポットの底に根が回ってきたら、できるだけ根をいためないように、ていねいに植えつけます。そのまま育てるとほとんど分枝しないので、植え付けの際、摘芯をして枝数を増やようにします。

花壇に植える場合は、腐葉土(又はバーク堆肥)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

あまり横には広がりませんので、20cm程度にします。少し詰めて植えた方が見映えがします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けますが、半日程度日の当たるところでも問題ありません。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、過湿にならないようにします。

リナムの花

冬の管理

耐寒性が強く、霜除け等は必要ありません。

肥料

それほど必要とせず、一般的な草花の半分程度で差し支えありません。多肥にすると伸びすぎて倒伏しやすくなります。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。