ラバテラ Lavatera

ラバテラ バイカラーの花
写真 バイカラー
撮影時期 2009.5.2
栽培状況 庭植え
科名・属名

アオイ科
ラバテラ属

園芸分類

宿根草、低木

別名

(特にありません)

原産地

南ヨーロッパなど

用途

庭植え

花期

3〜7月

【ラバテラについて】

ラバテラ属の中では、一年草のハナアオイLavatera trimestrisu)がおなじみですが、他にもラバテラ・ツリンギアカ(Lavatera thuringiaca)の宿根草、低木なども栽培されています。

また、種苗会社などのカタログを見ると、‘バイカラー’ がよく掲載されていますが、本種は南フランスの沿岸地域などが原産のラバテラ・マリティアの園芸品種で、ツリーマロウとも呼ばれています。

‘バイカラー’を栽培したところでは、家の南側の暖かい場所に植えておいたところ、冬の間も生育を続け、3月初めに早くも花を付けていました。

【花の特徴と性質】

樹高

1.5mほどになります。宿根草としているものもありますが、栽培していると木質化して、とても宿根草とは思われません。

花径8pほどの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Lavatera・・・・・・スイス人の J.K.Ravater への献名

thuringiaca・・・・・ドイツの「チューリンゲン(州)の」

maritima・・・・・「海辺の」、「海岸の」

bicolor・・・・・「二色の」

【主な種類と品種】

ツリンギアカ
L. thuringiaca

ヨーロッパ原産の宿根草又は低木で、ピンクの花が咲く‘バーンスレイ’、‘ロゼア’、白花の‘ファーストライト’などの品種があります。

‘バイカラー’
L. maritima ‘Bicolor’

薄いピンクの花で中心が濃いピンク色になる美しい花が咲きます。樹高は、1.5mほどになり株は大きく広がります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

暖地の場合は春でも秋でもかまいませんが、寒地は春に植え付けます。株が大きくなるので、庭植えが適しています。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、腐葉土(バーク堆肥)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

ラバテラ バイカラーの花

植え場所

日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。

剪定

枝が伸びすぎたら、花後に切り戻しをして樹形を整えます。

冬の管理

比較的耐寒性がありますので、関東以西の暖地では、霜除けをしなくても冬を越します。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。生育がよいので、後はやせ地でない限りあまり必要としません。

病気・害虫

ハマキムシが発生したら早めに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。