ユーパトリウム Eupatorium spp.

‘チョコラータ'の花
写真 ‘アトロプルプレウム'
撮影時期 2018.8.7
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
ヒヨドリバナ属
コノクリニウム属

園芸分類

宿根草

別名

西洋フジバカマ

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

10月

【ユーパトリウムについて】

ユーパトリウムは、北米原産のキク科ヒヨドリバナ属の宿根草です。フジバカマもこの仲間に含まれますが、ここでは、フジバカマ以外の種類について記載しています。

なお、青色フジバカマや白花の‘チョコレート’もユーパトリウムとして流通していますが、現在、こらはコノクリニウム属に分類されています。

なお、ヒヨドリバナ属(ユーパトリア属)でないものが、何故、この名前で出回っているかと言えば、コノクリニウム属が以前はヒヨドリバナ属に含まれていたことによるものです。

栽培したところでは、いずれもフジバカマ同様に、丈夫で、摘芯をして株立ちを多くする以外、それほど手間がかかりません。

【花の特徴と性質】

ユーパトリウムの花

草丈

【主な種類と品種】を参照してください。

【主な種類と品種】を参照してください。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く育てやすい宿根草です。

学名の説明

Eupatorium・・・・・アジアの王ミトリダテス6世(Mithridetes)の姓 Eupator に由来します。

Conoclinium・・・・・ギリシャ語の konos (円錐形の) + clinium (ほふく性の、平伏した)が語源です。

rugosum・・・・・「しわの多い」、「しわの寄った」

maculatum・・・・・「斑点のある」、「しみのある」

【主な種類と品種】

‘チョコレート'
C. rugosum 'Chocolate'

コノクリニウム属の宿根草で、白い花が秋も遅くになって咲きます。名前は、新芽の色から付けられたものと思われます。(写真:下)

‘アトロプルプレウム'
E. maculatum 'Atropurpureum'

草丈が2m近くなる大型の品種です。ワインレッドの花が咲きます。(写真:上の2枚)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

草丈がそれほど高くならない‘チョコラータ'は、鉢やプランターで育てられますが、大型の種類は庭植えになります。植えつけ時期は、3〜4月が一般的です。

花壇に植えるときは、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

‘チョコレート’は、冬には地上部がなくなり、また、新芽の展開がかなり遅くなります。そこで、春先に間違って掘り起こさないために、何か目印をしておくと安心です。

ユーパトリウムの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

日当たりのよい場所でも、明るい半日陰でもよく育ちます。

植え替え

鉢植えの場合は、毎年、株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

草丈が20cmほどになったら、摘芯をして、枝数を増やすようにします。こうすることで草姿がまとまり、花時も見栄えがします。

花ガラは、早めに切り取っておきます。また、花が終わったら切り戻しをしておきます。

ふやし方

植え替えの時に、株分けして増やすのが簡単です。

肥料

多肥にすると徒長しますので、花壇に植えた場合は、肥料は控えめでかまいません。

鉢やプランターに植えた場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。