ユキヤナギ(雪柳) Spiraea thunbergii

の花
写真 ユキヤナギ
撮影時期 2006.3.11
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
シモツケ属

園芸分類

落葉広葉低木

別名

コゴメバナ
コゴメザクラ

原産地

本州の関東以南

用途

庭植え

花期

3〜4月

【ユキヤナギについて】

ユキヤナギは、株分けで増やすことができますので、春になると見かけることの多い日本原産のバラ科シモツケ属の花木です。花がないときは目立ちませんが、満開のときは格別の美しさです。

ユキヤナギのひとつひとつの花は非常に小さいですが、花付きがすばらしく、その名前のとおり早春に咲く花は格別の美しさがあります。

秋田県では、多くの家でこのユキヤナギを生垣として植えているという内容を何かの記事で読んだ記憶が見がありますが、満開のときの景色が目に浮かんでくるようです。

栽培したところでは、丈夫な花木で、家に植わっている木は、剪定を繰り返しながら、40年近く咲いています。

【花の特徴と性質】

ユキヤナギの花

樹高

木は高くならず、1〜1.5m程度で、写真のように枝を垂らします。樹形は、株立ち状になります。

垂れた枝に、まさに雪のような極小輪の5弁の白花をびっしにと咲かせます。その様子は、雪柳の名前そのものです。

最近、淡いピンクの花が咲く品種も出回っています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く、全国で栽培が可能です。

学名の説明

Spiraea・・・・・ギリシャ語の speira(螺旋)に由来しています。

thunbergii・・・・・スウェーデンの C.P.Thunberg に因みます。

【主な種類と品種】

ユキヤナギ

一般に栽培されている品種です。

ベニバナユキヤナギ

紅花という名前はついていますが、色はそれほど濃くなく、ごく淡いピンクの花です。(写真中)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けの時期は、11〜12月又は2月下旬〜3月が適期です。腐食質に富む肥沃なところを好みますので植え穴に完熟堆肥を十分に入れ庭土と混ぜておきます。

ユキヤナギの花

植え場所

半日陰でも花は咲きますが、日当たりと水はけのよい場所に植えるとよく咲きます。

剪定

剪定をしなくても株は比較的よくまとまりますが、古い枝は切り戻し、若い枝と更新します。また、長く伸びて樹形を乱している枝を剪定します。

花芽は今年伸びた細い枝の葉腋につき、翌年の春に開花します。

したがって、強めの剪定は花後に行い、冬の剪定は、伸びすぎて樹形を乱している枝を切り戻す程度の軽めにします。

肥料

元肥として完熟堆肥を施して植えつけますが、丈夫な木なので、後は、あまり肥料をやらなくても、毎年きれいに咲いてくれます。

病気・害虫

病害虫はあまり気になりませんが、カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。