ユウギリソウ(夕霧草) Trachelium caeruleum

ユウギリソウの花
写真 ユウギリソウ
撮影時期 2008.6.8
栽培状況 苗購入後、鉢植え
科名・属名

キキョウ科
ユウギリソウ属

園芸分類

秋まき一年草
宿根草

別名

トラケリウム

原産地

地中海沿岸地方

用途

鉢植え

花期

6月

【ユウギリソウについて】

ユウギリソウは、地中海沿岸地方原産のキキョウ科の宿根草(一年草)です。本来は宿根草ですが、短命ですので宿根草としてよりも一・二年草扱いされることが多いと言えます。

その名前がつけられた経緯はよくわかりませんが、霧がかかったような色彩の花といえなくもありません。上の写真は、秋に苗を購入して育てたものです。

栽培したところでは、冬は軒下においておけば寒さで傷むことはありませんでした。夏の暑さも嫌いますが、プランターに植えて、夏は半日陰で管理したところなんとか乗り切ることができました。ただし、よく咲いた開花株は、切り戻しをしたものの夏に枯れてしまいましたので、やはり夏の高温多湿は苦手なようです。

【花の特徴と性質】

ユウギリソウの花

草丈

30〜100pほどです。

写真のように小さな花がたくさん集まって、半球状になります。

花色は、白、桃、青があります。花持ちがよいので切り花に利用されます。

耐寒性・耐暑性

本来は宿根草ですが、やや暑さに弱いので秋まき一年草(春まき二年草)として扱われます。

また、耐寒性もそれほど強くありません。

学名の説明

Trachelium・・・・・ギリシャ語の trachelos(首、のど)に由来します。
※ のどの病気に効くからだとされています。

caeruleum・・・・・「青色の」

【主な種類と品種】

パウダーシリーズ

草丈80pほどで、ブルー、ピンク、ホワイトの各色があります。

‘レイクサンセット’

草丈80pほどでワインレッドの美花です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

9月中旬〜10月中旬が適期です。タネが微細ですので、ペレット加工されています。育苗箱やピートバンなどにまき、覆土はせず底面吸水にします。

4月頃にまいて、苗の状態で夏を越させ、秋に植え付けることもできます。この場合は、二年草扱いになります。

発芽後、本葉が2〜3枚のころにポリポットに植え替えて苗を育てます。

ユウギリソウの花

植え付け

本葉が5〜6枚になったらプランターや鉢に植えつけます。暖地以外では、フレームなどで管理し、4月に定植します。耐寒性、耐暑性ともさほど強くないので、花壇に植えて育てるのにはあまり向いていません。

春に苗が売られていますので、これを買って鉢やプランターに植え付けます。

また、秋にも咲き終わったポット苗が売られていることがありますので、入手したら5号程度の鉢に植え付けます。冬に霜除けをして育てると初夏に花を楽しむことができます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、腐葉土(バーク堆肥)、パーライト(軽石砂)を5:3:2程度に混ぜた用土などが一例です。

株間

標準の60cmのプランターに3株が目安です。

置き場所

秋から春は日当たりのよいところで育てますが、花が咲き始めたら半日陰に置きます。また、過湿を嫌いますので、梅雨時など長雨のときは軒下など雨のかからない軒下などに移すようにします。

植え替え

冬を越した株は3〜4月になったら植え替えをします。古い土を落として一回り大きい鉢に植え付けます。

ただし、秋に植え替えた場合は、春の植え替えは不要です。

日常の管理

過湿を嫌うので、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。花の終わった花茎は早めに切り取ります。

ユウギリソウの花

夏の管理

翌年も花を咲かせるには、梅雨時の長雨に当てないようにし、夏は半日陰で、また、真夏は明るい日陰で育てます。

冬の管理

耐寒性がそれほど強くないので、霜の当たらない軒下などに置きます。

肥料

植え付け時に緩効性の化成肥料を与えます。追肥は月に2〜3回程度液肥を与えるとよく育ちます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。