ヤグルマギク(矢車菊) Centaurea cyanus

ヤグルマギクの花
写真 ヤグルマギク '平山寒咲き'
撮影時期 2007.4.8
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
ヤグルマギク属
(セントーレア属)

園芸分類

秋まき一年草

別名

ヤグルマソウ

原産地

地中海沿岸地域

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ヤグルマギクについて】

ヤグルマギクは、ヨーロッパ南部、小アジアなどが原産のキク科の秋播き一年草です。花の姿がこいのぼりの柱に付ける矢車の形に似ていることからこの名前が付いています。

本種をヤグルマソウと呼ぶ場合がありますが、ユキノシタ科のヤグルマソウ(Rodgersia podophylla)に付けられた和名ですので、ヤグルマギクと呼ぶ場合が一般的です。

大変丈夫で、元々は小麦畑に生える雑草から品種改良されたと言われています。

栽培したところでは、丈夫で生育がよいので、手間もかからずよく咲いてくれました。

なお、セントーレア属のオウゴンヤグルマソウイエローサルタンスイートサルタンは別に取り上げています。また、同じ属に宿根性の品種がありますが、これらは属名のセントーレアとして取り上げています。

【花の特徴と性質】

ヤグルマギクの花

草丈

草丈は90p程度で、大株になります。矮性種は30p程度です。

茎に白色の綿毛が生えているので、全体が白っぽく見えます。

白、桃、赤紫、青、紫などの花色があります。

一般的には4〜5月に咲きますが、寒咲き種は12月頃から咲き始めます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く、冬でも露地で越冬します。

学名の説明

Centaurea・・・・・シマセンブリとして知られるようになる植物の薬効を発見したギリシャ神話のケンタウロスに因みます。

cyanus・・・・・ 「藍色の」

【主な種類と品種】

平山寒咲き

草丈60〜70pの八重の寒咲き種です。

フローレンス

草丈30〜40pの矮性で、鉢やプランターにも適しています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月下旬〜10月がタネ播きの適期です。タネが大きく育てやすいので直播きもできますが、箱播きにして育苗したほうが間違いないと思います。覆土は2mmほどにします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったら、ポリポットに植え替えて苗を育てます。

ヤグルマギクの花

植え付け

花壇に植えるときは、あらかじめ苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

本葉が6〜7枚になってポットの底に根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植えるときは、バーク堆肥を1u当たり5〜10Lほど入れて、庭土とよく混ぜて植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土で差し支えありません。

株間

花壇に植えるときは、25〜30p程度とします。60cmのプランターに植えるときは3〜4株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

定植後、草丈が10cmほどになったときに摘芯するとボリュームのある株になります。

終わった花は早めに切り取り、株の負担を減らすとともに見栄えをよくします。

冬の管理

耐寒性が強く、暖地では霜除けは必要ありませんが、寒さの厳しい地域では霜除けをしたほうが安心です。

ヤグルマギクの花

肥料

花壇に植えるときは、化成肥料を1u当たり20〜30gほど施し、堆肥と一緒に庭土によく混ぜて植え付けます。チッソ肥料をやりすぎると徒長するのでよくありません。追肥は特に必要ありません。

鉢やプランターに植えた場合は、市販の草花用培養土を使うときは元肥が入っていますので、春になって生育状況を見ながら液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくと生育が妨げられますので、十分に駆除します。

白絹病が発生したら、翌年から場所を変えます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。