メギ

の花
写真
撮影時期
栽培状況

科名・属名

メギ科
メギ属

園芸分類

落葉低木

別名

コトリトマラズ
ヨロイドオシ

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【メギについて】

メギは、本州、四国、九州に分布するメギ科メギ属の落葉低木です。葉の付け根に鋭い棘があることと刈り込みに耐えることから人止め用の植え込み材料としても利用されます。

また、鋭い棘があることからコトリトマラズやヨロイドオシという別名がありますが、剪定などの作業には、少々やっかいです。ちなみに、ムレスズメにも同じような棘があります。

メギは目木とも書きますが、これは、メギの枝や根を煎じると抗炎症作用や抗菌作用のあるベルベリンが含まれる煎液ができますが、これを洗眼に用い、充血や炎症を防いだことによるものです。

【メギの概要】

樹高

株立ち状で、1〜1.5mほどになります。

4月に葉が開くと同じころに小さな黄色い花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性、耐暑性があります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ やさしい(棘に注意します。)

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Berberis thunbergii

学名の説明

Berberis・・・・・この属の果実に付けられたアラビア語の berberys に由来します。

thunbergii・・・・・19世紀のスウェーデンの植物学者 Carl Peter Thunberg への献名

【主な種類と品種】

アトロプルプレア
‘Atropurpurea’

新芽が濃い赤紫色で、赤い実も美しい品種です。

オーレア
‘Aurea’

黄色の葉がとても美しい品種です。秋にはオレンジ色に紅葉します。

ローズグロー
‘Rose Glow’

銅色葉で、秋から冬に紅葉します。成長が早く生け垣にも適しています。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 剪定作業を行うときには、鋭い棘に注意します。

植え付け

3月もしくは11月頃が植え付けの適期です。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えで育てる場合、購入した株の鉢が小さいときは、一回りか二回り大きい鉢に植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、腐葉土若しくはバーク堆肥)を7:3程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

庭植えは、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

植え替え

鉢植えは、毎年植え替えるようにします。

剪定

夏までに花芽ができますので、花を楽しみたい場合は、花後すぐに剪定を行います。花よりも樹形を優先するなら落葉期でも差し支えありません。

生け垣に利用する場合や特定の形に整えたりする場合は、全体を刈り込みます。また、自然樹形を生かしたいときは混みあった枝を間引いて樹形を整えるようにします。

肥料

基本的に、肥料はほとんど必要ありません。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。