ムラサキルーシャン Centratherum punctatum

ムラサキルーシャンの花
写真 ムラサキルーシャン
撮影時期 2007.11.3
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
セントラセルム属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

リンゴアザミ

原産地

西インド諸島〜中南米

用途

鉢植え、庭植え

花期

10〜11月

【ムラサキルーシャンについて】

ムラサキルーシャンは、ハーブの仲間で、最近よく見かけるようになりました。ムラサキは花色ですが、なぜ「ルーシャン」といわれるのかよくわからないようです。

別名のリンゴアザミは、葉にリンゴのような香りがあることと、花がアザミによく似ているところからだと思われます。

栽培したところでは、花付きはそれほどでもないですが、花の少ない時期に咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は30〜40cm程度ですが、株は、かなり大きくなります。

一見するとアザミに似た紫色の花が咲きます。花径は2〜3pほどです。花期が長く、10月の終わりまで咲いています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱いので、庭植えの場合は霜除けが必要です。

学名の説明

Centratherum・・・・・ギリシャ語の kentron(距)+ anthos(花)が語源です。

punctatum・・・・・「細かい点がある」、「小さい点がある」

【主な種類と品種】

特に品種名はなく、単にムラサキルーシャンとして売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春に株が売られていたように記憶しています。耐寒性はそれほど強くないですが一年草と割り切れば花壇に植えて楽しめます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

日当たりを好みますが、夏の強い日射しは避けるようにします。

ムラサキルーシャンの花

植え替え

鉢やプランターに植えて、冬を越した株は、3〜4月に植え替えます。

日常の管理

伸び過ぎて草姿が乱れたときは、腋芽のすぐ上で切り戻します。また、年を越した株は春に全体を切り戻します。

冬の管理

花壇に植えた株は霜よけが必要です。鉢やプランターに植えた場合は、霜の当たらない軒下などに移します。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。また、こぼれダネから発芽して、苗が育っている場合がありますので、タネを播いて育てれると思いますが、まだ、播いたことはありません。

肥料

花壇に植えた場合は、特に肥料を与えなくてもよく育ちます。

鉢やプランターに植えた場合は、夏場を除いて生育期間中に、2週間に1回程度液肥を与えるか、少量の固形肥料を置き肥してやります。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。