マーガレットアイビー Senecio macroglossus

マーガレットアイビーの花
写真 マーガレットアイビー
撮影時期 2017.12.9
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キク科
サワギク属

園芸分類

非耐寒性つる性宿根草

別名

ワックスアイビー
ナタールアイビー

原産地

南アフリカ南部

用途

鉢植え

花期

11〜12月

【マーガレットアイビーについて】

マーガレットアイビーは、南アフリカ原産のキク科サワギク属の常緑つる性植物ですが、耐寒性はありません。葉がアイビーに、花がマーガレットに似ていることからその名前がついています。

ワックスアイビーという別名のとおり、葉は肉質でツヤがあります。

栽培したところでは、成育が思っていた以上に旺盛でした。購入した苗を4月に6号鉢に植えておいたところ、7月には根詰まり気味になってしまい、8号の鉢に植え替えました。

開花は遅く11月下旬に咲き始めました。寒い日もありましたが、段々と花数が増えています。

【花の特徴と性質】

マーガレットアイビーの花

草丈

つる性ですが、支柱に絡ませると1mほどになります。

花径4〜5pの淡黄色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Senecio・・・・・ senex(老人)に由来します。

macroglossus・・・・・ギリシャ語の macros(大きい)+ glossus(舌)が語源です。

【主な種類と品種】

常緑種のほか、葉に黄色い覆輪が入るバリエガツス(Variegatus)が栽培されます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店などでは見かける機会が少ないですが、種苗会社のカタログなどには時々出ています。苗を購入したら6〜7号鉢程度の鉢に植え付けます。生育が早いので、小さな鉢に植えると、早く根詰まりしてしまいます。

耐寒性が弱いので鉢植えにして、アンドン仕立てもしくは吊り鉢にして楽しみます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、バーク堆肥、パーライトを6:3:1程度の用土を使っていますが、よく成育しています。

置き場所

夏場以外は、日当たりのよいところに置きます。また、梅雨時や長雨が続きそうなときは、雨の当たらないところに移します。

マーガレットアイビーの花

植え替え

成育がよく根もよく張りますので、毎年、4月頃に植え替えます。

日常の管理

過湿を嫌いますので、やや乾燥気にして育てます。

ツルが伸びすぎたら切り戻しをしておきます。強剪定は、春の植え替え時が無難のようです。

夏の管理

夏場の強光を嫌いますので、半日陰若しくは午後は日陰になるようなところに置き、過湿にならないように注意します。

冬の管理

開花が始まるのが遅く、また、耐寒性もなく耐寒温度が3度とされていますので、冬は室内に取り込みます。水やりは控えめにします。

ふやし方

5〜6月に挿し芽ができます。

肥料

4〜5月、10〜11月に、液肥を10日に1回程度、又は緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。