ミヤマホタルカズラ Lithodora diffusa

ミヤマホタルカズラの花
写真 ミヤマホタルカズラ
撮影時期 2007.4.8
栽培状況 開花株購入
科名・属名

ムラサキ科
リソドラ属

園芸分類

宿根草

別名

リソドラ

原産地

ヨーロッパ

用途

鉢植え

花期

4〜5月

【ミヤマホタルカズラについて】

ミヤマホタルカズラは、フランス北西部から南西部ヨーロッパ原産のムラサキ科リソドラ属(ミヤマホタルブクロ属)の宿根草です。リソドラとも呼ばれ、園芸店などでもよく見かけます。鮮やかな紫、青などの小さな花がたくさん咲きますので人気があります。なお、「ホタルカズラ」と呼ばれるほふく性の花もありますが、別種です。

森の中に自生していて、半日陰程度の湿った酸性土壌を好み、夏の強光と高温多湿を嫌いますので、関東以西の暖地では夏越しが厳しいと言えます。

栽培したところでは、美しく咲きかけた株を購入しても、高温多湿に弱く夏には枯れてしまいました。もっとも、花が美しいので、1年ものと思えばストレスがたまりません。

【花の特徴と性質】

樹高

10〜35p程度ですが、園芸店などで15pほどのものがよく売られています。

花径は1pほどです。紫や青の他、白と青の複色花になった品種も出回ってます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、−5度程度は大丈夫のようです。ただし、真夏の蒸し暑さが苦手です。

学名の説明

Lithodora・・・・・ギリシャ語の litho(石)+dorea(贈り物)が語源です。
※ 自生地の環境に由来すると思われます。

diffusa・・・・・「散らばった」、「広がった」

【主な種類と品種】

‘ザ・スター’

白と青の複色花で、人気のある品種です。

‘ブルーコメット’

この花も二色咲きの品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春に花の咲いた株が売られています。買った株は通常、小さな鉢に植えられていますので、根詰まり気味の時は、根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

高温多湿に弱いので、通常の庭植えでは夏を越すのが厳しく、鉢植えの方が育てやすいと思われます。暖地では、鉢植えでも、夏越しは容易ではありません。

置き場所

秋から春は日当たりのよいところに置きます。

ミヤマホタルカズラの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使うようにします。赤玉土、鹿沼土、軽石砂を等量に混ぜた用土などが適しています。

植え替え

植え替えは2年に1回の頻度で行います。

日常の管理

過湿を嫌いますので、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

花後に、伸びた茎切り戻しをしておきます。

夏の管理

夏の強光と高温多湿が苦手ですので、初夏になったら半日陰に移し、真夏は風通しのよい、明るい日陰に置きます。

冬の管理

耐寒性が強く、関東以西の暖地では戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

挿し木で増やすことがてきます。

肥料

植え付け時に緩効性の化成肥料を鉢土に混ぜて植えつけ、4月〜5月、9月〜10月に、月1回、薄めの液肥を与えるようにます。

病気・害虫

特にないようですが、夏場の蒸れに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。