ヘミジギア Hemizygia hybrida

ヘミジギアの花
写真 ヘミジギア
撮影時期 2017.11.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
ヘミジギア属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

特にありません

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

10〜11月

【ヘミジギアについて】

ヘミジギアは、南アフリカ原産のシソ科の半耐寒性宿根草です。昨年(2016年)初めて見かけて購入しましたが、園芸店やホームセンターなどに出回るようになったのは最近のようです。

ヘミジギア属は、南アフリカ原産で約30種ほど自生していますが、流通しているのは、種間交配種で‘マーブルキャンディ’という名前が付いています。ただし、本種は、‘キャンディーキス’という品種と同じではないかと思われます。

この品種は、葉に白い覆輪が入りますので、花が咲いていなくても美しい葉色を楽しめます。また、ピンクの花が美しいだけでなく、花後もピンクの苞が残りますのでとても長い間咲いているように見えます。その上丈夫ときていますので、言うことなしです。

栽培したところでは、夏の高温多湿にも強く、思っていた以上に株が大きくなりましたので、寒さにさえ気をつければ、育てやすい魅力的な宿根草と言えます。

【花の特徴と性質】

ヘミジギアの花

草丈

30〜50cmほどになります。

シソ科によく見られる小さなピンクの花が穂状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、寒さには弱いです。

学名の説明

Hemizygia・・・・・hemiは「半分」という意味ですが、zygiaは不詳です。

hybrida・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

‘マーブルキャンディ’という葉に白い覆輪が入る品種が出回っています。花はピンクです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

秋になると開花株が園芸店やホームセンターなどに出てきますので、一般的には、これを買って育てます。耐寒性が弱いので、鉢での栽培になります。

ポット苗で販売されていることが多いので、この場合は、早めに5号程度の鉢に植え付けます。

置き場所

日当たりのよいところで育てます。‘マーブルキャンディ’は、葉に白の覆輪が入りますので、夏の日差しを嫌うのではないかと思っていましたが、葉焼けすることもなく、日当たりのよいところに置いても特に問題はありませんでした。

ヘミジギアの花

ただし、夏の強い西日は避けるようにします。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え替え

成育がよいので、毎年植え替えます。時期は、暖かくなった4月頃が適期です。

日常の管理

過湿にならないように注意します。花後に切り戻しをして、草姿を整えます。

冬の管理

耐寒性がないので、霜の当たらない軒下もしくはフレームなどに置きます。水やりは控えめにして過湿にならないよう注意します。

肥料

春と秋に液肥を月2回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。