ヘレニウム Helenium autumnale

ヘレニウムの花
写真 ヘレニウム
撮影時期 2013.9.10
栽培状況 秋まき後、庭植え
科名・属名

キク科
ヘレニウム属

園芸分類

宿根草

別名

ダンゴギク

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

8〜9月

【ヘレニウムについて】

ヘレニウムは、北アメリカ原産のキク科の宿根草です。花の少ない夏の終わりから秋に花が咲きますので利用価値が高いと言えます。

花は、8月に入るとゆっくりと咲き始めて、次第に花数を増していきます。長く楽しめるので、おすすめの宿根草です。また、たいへん丈夫なことも、うれしい点です。

栽培したところでは、国華園からタネが販売されていたので、秋にまいてみたら、途中枯れる株も少しありましたが期待どおりの花が咲きました。大半は宿根し、翌年もよく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ヘレニウムの花

草丈

よく草丈が伸びる宿根草で、100〜150pほどになります。

ただし、摘芯をすることによって、草丈を低く抑えることができます。

3pほどの小さな花をたくさん付けてにぎやかに咲きます。中心部が盛り上がり、和名のダンゴギクはここから付けられたものです。

花色は、黄色と赤色が一般的です。

耐寒性・耐暑性

冬は地上部が枯れ込みますが、よく見ると晩秋には来春伸びる新しい芽が出ています。

耐寒性は強く、暖地では問題なく冬を越します。

学名の説明

Helenium・・・・・スパルタ王メネラオスの妻であるトロイのヘレン(Helena)の名前に由来しています。

autumnale・・・・・「秋の」

【主な種類と品種】

‘インディアンサマー'

赤色の代表種です。

‘ブルテンティスク'

黄花の代表種です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

ヘレニウムは、苗から育てることが多いですが、タネから育てることもできます。タネは、秋まき、春まきいずれもできますが、寒さの厳しい地域は春まきになります。秋まきの場合は9月中旬〜10月中旬、春まきの場合は3月下旬〜4月下旬にまきます。

清潔な用土を入れた育苗箱やピートバンにまき、覆土は2mm程度にします。本葉が3〜4枚のころポリポットに植え替えて苗を育てます。

ヘレニウムの花

植え付け

タネから育てた株は、ポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

秋まきの場合、寒さが来る前にしっかりと根が張れるよう、定植の時期が遅くならないようにします。

苗の植え付けは、春、秋いずれでもかまいません。連作を嫌いますので、花壇に植えている場合は、別の場所に植え替えるようにします。

花壇に植えつけるときは、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10リットルほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植えるときは25〜30pほどにします。60cmのプランターの場合は、3株ほど植え付けます。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところに植えつけます。水はけがよくないと立ち枯れ病が発生しやすくなります。また、日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置きます。

植え替え

花壇に植えた場合は、3〜4年は植えっぱなしにできます。株が混み合ってきたら、株分けを兼ねて春先又は秋のいずれかに行います。

鉢やプランタープランターの場合は、毎年、もしくは2年に1回を目安に植え替えます。

日常の管理

6月頃まで摘心を行うと、草丈が低くなり、茎もたくさん出て花時がにぎやかになります。

鉢やプランターで育てるときは、成育期間中は、あまり乾燥させ過ぎないよう管理します。

ヘレニウムの花

冬の管理

冬は地上部がなくなりますので、地際で切り取っておきます。耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。

ふやし方

植え替えの時に、株分けで増やすことができます。

肥料

植えつけ時に化成肥料を1u当たり20〜30gほど施します。肥料を与えすぎると徒長して倒れやすくなるので、控えめにします。

病気・害虫

立枯病が発生することがありますので、必要なら土壌消毒をしておくと安心です。そのほか、ハダニがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。