ボロニア Boronia spp.

ボロニアの花
写真 ボロニア・ピンナータ
撮影時期 2003.3.2
栽培状況 開花株購入
科名・属名

ミカン科
ボロニア属

園芸分類

非耐寒性常緑小低木

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

3〜5月

【ボロニアについて】

ボロニアは、オーストラリア原産のミカン科の花木で、花付きがとてもよいことと、香りも楽しめることから人気のある花木です。また、花は、それぞれの品種ごとに特色があって、どれも魅力があります。

ただし、オーストラリア原産で、日本の冬の寒さや夏の高温多湿を嫌うので、栽培が難しいのが残念です。

栽培したところでは、管理が十分でなかったせいもありますが、夏の高温多湿に弱く、いずれも夏には枯れてしまいました。一年物と割り切ればストレスがたまらないかと思います。

【花の特徴と性質】

ボロニアの花

樹高

園芸店などでは、50p以上のものはほとんど見かけませんが、オーストラリアでは2mほどにはなるようです。

釣鐘状の小さな花を、株一杯につけるので、見栄えのする花木です。花色は桃色が一般的ですが、白花もあります。

ミカン科の植物ですので、とてもよい香りがします。

耐寒性・耐暑性

暑さ寒さに弱いので、庭植えは困難です。

学名の説明

Boronia・・・・・イタリアの植物コレクターの Francesco Borone への献名

pinnata・・・・・「羽状の」

heterophylla・・・・・「異なった葉の」、「異なった葉を持つ」

crenulata・・・・・「円鋸葉状の」

【主な種類と品種】

ボロニア・ピンナータ
(B. pinnata)

桜色のやさしい色合いの花が株一杯に咲きます。

ボロニア・ヘテロフィラ
(B. heterophylla)

花はスズランに似た形をしています。とてもすばらしい芳香をもっています。(写真下) 

ボロニア・クレヌラータ
(B. crenulata)

最近見かけるようになりました。ピナータと比較すると葉が少し丸葉です。(写真中) 

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3月に入ったら開花株が園芸店やホームセンターなどに出回るようになります。高温多湿と寒さに弱いので、鉢植えでの栽培になります。

ボロニアの花

通常は、鉢が小さい場合が多いですので、この場合は根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

酸性の土壌を好みますので、鹿沼土、ピートモス、パーライトを5:3:2程度に混ぜた用土などを使います。

置き場所

秋から春は日当たりのよいところに置きます。

日陰に長く置くと徒長して株が軟弱になり、花の色が薄くなったり、せっかくついたつぼみが落ちやすくなりますので注意します。ただし、夏は風通しのよい日陰に置きます。

植え替え

ボロニアは生長が早いので、根詰まりを起こすと生育が悪くなります。毎年、花後に切り戻しをするときに植え替えます。

鉢から抜いて、表土と根鉢の土を少し落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

生育期間中は乾燥を嫌いますので、乾燥させすぎないよう水やりには特に注意します。

とは言え、過湿も嫌いますので、鉢土の表面がよく乾いてから水やりをします。

剪定

花後に、株を半分程度に切り戻して樹形を整えます。

ボロニアの花

夏の管理

高温と多湿を嫌いますので梅雨時から夏は雨のかからないところに置くようにした方が安全です。とはいえ、関東以西の暖地では、夏越しは、なかなか厳しいと言えます。

冬の管理

冬は室内の日当たりのよい場所で管理します。

ふやし方

〜6月ごろに挿し木ができます。新芽が固まったら5〜6cmほど切って鹿沼土などに挿します。

肥料

植えつけ、植え替え時に緩効性化成肥料を用土に混ぜておきます。

後は、4〜6月と9〜10月に液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。