ボロニア・フラセリ

の花
写真 ボロニア・フラセリ
撮影時期 2004.3.7
撮影場所 園芸店にて

科名・属名

ミカン科
ボロニア属

園芸分類

非耐寒性常緑小低木

別名

オージースター

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【ボロニア・フラセリについて】

ボロニア・フラセリは、オーストラリア原産のミカン科ボロニア属の花木です。園芸店やホームセンターなどでは、もっぱら、オージースターという名前で出回っていますが、本種に付けられた流通名ではないかとも思われます。

ボロニア属は、日本の冬の寒さや夏の高温多湿を嫌いますが、本種を栽培したところでは、管理が十分でなかったせいもありますが、いつの間にかなくなってしまった記憶があります。

【ボロニア・フラセリの概要】

樹高

園芸店などでは、50p以上のものはほとんど見かけませんが、現地では1.5mほどにはなるようです。

花径が1.5pほどのピンクの4弁の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 弱い

暑さ寒さに弱いので、庭植えは困難です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Boronia fraseri

学名の説明

Boronia・・・・・イタリアの植物コレクターの Francesco Borone への献名

fraseri・・・・・オーストラリアで活動した軍人で植物学者のチャールズ・フレーザーへの献名

【主な種類と品種】

ボロニア属の仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3月に入ったら開花株が園芸店やホームセンターなどに出回るようになります。高温多湿と寒さに弱いので、鉢植えでの栽培になります。

通常は、鉢が小さい場合が多いですので、この場合は根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

酸性の土壌を好みますので、鹿沼土、ピートモス、パーライトを5:3:2程度に混ぜた用土などを使います。

置き場所

秋から春は日当たりのよいところに置きます。

植え替え

根詰まりを起こすと生育が悪くなります。毎年、花後に切り戻しをするときに植え替えます。

鉢から抜いて、表土と根鉢の土を少し落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

生育期間中は乾燥を嫌いますので、乾燥させすぎないよう水やりには特に注意します。

とは言え、過湿も嫌いますので、鉢土の表面がよく乾いてから水やりをします。

剪定

花後に、株を半分程度に切り戻して樹形を整えます。

夏の管理

高温と多湿を嫌いますので梅雨時から夏は雨のかからないところに置くようにした方が安全です。とはいえ、関東以西の暖地では、夏越しは、なかなか厳しいと言えます。

冬の管理

冬は室内の日当たりのよい場所で管理します。

肥料

植えつけ、植え替え時に緩効性化成肥料を用土に混ぜておきます。

後は、4〜6月と9〜10月に液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。