ブルーエルフィン

ブルーエルフィンの花
写真 ‘ブルーエルフィン'
撮影時期 2015.7.12
栽培状況 鉢植え

科名・属名

シソ科
ロテカ属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

クレロデンドルム・ウガンデンセ

原産地

熱帯アフリカ

用途

鉢植え

花期

5〜10月

【ブルーエルフィンについて】

ブルーエルフィンは、熱帯アフリカ原産のシソ科ロテカ属の花木で耐寒性はありません。本来は常緑の低木ですが、冬の寒さで葉を落とします。以前はクサギ属に分類されていたので、クレロデンドルム・ウガデンセとも呼ばれます。

耐寒性が弱いので鉢での栽培になりますが、寒さにさえ気をつければ丈夫な花木で、初夏から秋にかけて蝶のようなブルーの花が咲きます。

【栽培メモ】

耐寒性は、極端に弱いということはなく家の土間に入れていたところ、葉は落としましたが春には芽を吹いてきました。

【ブルーエルフィンの概要】

ブルーエルフィンの花

樹高

小さな鉢物で出回ることが多いようですが、鉢栽培でも1mにはなります。

もっとも、通常は、切り戻しをして管理します。

青い蝶のような小さな花が房状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

耐暑性はありますが、耐寒性がそれほど強くありません。

寒くなると葉を落としますが、暖かくなると芽を吹いてきます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(冬の保温ができれば)比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Rotheca myricoidese

学名の説明

Rotheca・・・・・(※ 不詳)

myricoides・・・・・「ヤチヤナギ属(Myrica)に似た」

【主な種類と品種】

ピンクの花が咲くパピヨンローズ(写真:下)は、本種の園芸品種ではなく、ロテカ・マスタカンサ(Rotheca mastacantha)に分類されています。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 花がひととおり終わったら切り戻しをします。

植え付け

通常は、初夏に花の咲いた株が園芸店やホームセンターなどに出回っていますので、これを買って育てます。耐寒性がないので、鉢での栽培になります。

購入した株の鉢が小さく根詰まり気味のときは、根鉢を崩さないようにして大きめの鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

用土は、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を7対3程度にしたものを使います。

パピヨンローズの花

植え替え

鉢が小さいときは毎年、大きい鉢の場合も毎年又は2年に1回は植え替えをします。

時期は4月になってからがよく、表土と古い鉢土を落として植え替えますが、ある程度大きくなるまでは、一回り大きい鉢に植え替えます

置き場所

日当たりのよい場所で管理しますが、真夏は半日陰に置きます。

日常の管理

寒さにさえ気を付ければ、丈夫ですので栽培は簡単です。ただし、夏場の水切れには注意します。

生育期には土が乾いたらたっぷりと与えます。

剪定

枝がよく伸びるので、花がひととおり終わったら切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は室内に取り込み、水やりは控えめにします。

肥料

植えつけ時に緩効性肥料を用土に混ぜておきます。また、肥培管理をしないとよい花が望めませんので、生育期間中に月に1回置肥をするか、液肥を10日に1回程度与えます。

病気・害虫

ダニ類に注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。