フィリペンデュラ・パルマータ Filipendula palmata

フィリペンデュラの花
写真 ‘ルブラ'
撮影時期 2015.5.24
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
シモツケソウ属

園芸分類

宿根草

別名

ウラジロシモツケソウ

原産地

北アメリカ東部

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【フィリペンデュラ・パルマータについて】

フィリペンデュラ・パルマータは、バラ科シモツケソウ属の宿根草です。フィリペンデュラというのはシモツケソウ属の学名で、この属の中では、シモツケソウが日本に自生しています。園芸としてはキョウガノコなどがおなじみですが、その他にも、ロクベンシモツケなどもよく栽培されています。

ここで取り上げているのは、フィリペンデュラ・パルマータですが、実は、本種は、アメリカシモツケソウととして種苗会社のカタログに載っていました。しかし、アメリカシモツケソウの学名が Filipendula rubra で、ここに載せている写真は、フィリペンデュラ・パルマータの‘ルブラ’という品種ですので、混同したのではないかと思われます。

本種は、小名のとおり指を広げた手のように葉が5つに分かれています(掌状葉と言います。)ので、見分けがつきます。いずれにせよ、花がとても美しく、丈夫で、和洋いづれにも向いていますので、とても魅力のある宿根草です。

栽培したところでは、夏の暑さが気がかりでしたが、少し葉が傷んだだけで、特に問題はありませんでした。ということで暖地でも問題なく育てることができます。

【花の特徴と性質】

フィリペンデュラの花

草丈

60cmほどになります。

非常に美しいピンクの小花が群がって咲きます。

花が終わった後も、なかなか美しいものです。(写真:最下段)

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、耐暑性も比較的あります。

学名の説明

Filipendula・・・・・ filum(糸)+ pendulus(吊り下がった)が語源です。

palmata・・・・・「掌状の」

【主な種類と品種】

シモツケソウ属には、キョウガノコロクベンシモツケセイヨウナツユキソウなどが栽培されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけの適期は秋ですが、寒地の場合は春に行います。種苗会社のカタログを見ると秋号に掲載されていることが多いようです。

フィリペンデュラの花

植えつけ場所には堆肥を十分に入れて、庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

今のところですが、大きめの鉢やプランターでも栽培できそうです。

株間

2株以上植えるときは、40〜50pほどにします。

植え替え

3年に1回程度、株分けをして植え替えます。植えっぱなしにしておくと花付きが悪くなります。

植え場所・置き場所

耐暑性があるとはいえ、風通しが良く、午後は日陰になるような場所が適しています。

暖地の場合は、夏の西日が当たるところは避けるようにします。

日常の管理

乾燥と夏の直射日光がやや苦手なので、鉢やプランターで育てる場合は乾きすぎないように注意します。

冬の管理

耐寒性が強く、戸外で冬を越します。

フィリペンデュラの花

ふやし方

植え替えのときに、株分けをして増やすことができます。根の張りがよいので、剪定バサミで切り分けます。

肥料

植付け時に緩効性肥料を与えます。後は、春と秋に緩効性の化成肥料を株元に撒いておきます。

病気・害虫

今のところ、特にありません。ウドンコ病も発生していません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。