ファセリア Phacelia

ファセリア・カンパヌラリアの花
写真 ファセリア・カンパヌラリア 'ブルーベル'
撮影時期 2015.3.14
栽培状況 秋まき後、鉢植え(冬はビニールハウスで栽培)
科名・属名

ハゼリソウ科
ファセリア属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ファケリア

原産地

カリフォルニア南部

用途

鉢植え

花期

4〜5月

【ファセリアについて】

ファセリアは、カリフォルニア州南部に分布するハゼリソウ科ファセリア属の秋まき一年草です。ファセリア属は南北アメリカに分布していますが、園芸として栽培されているのは、カンパヌラリア(P. campanularia )の他に、タナセティフォリア(P. tanacetifolia ) があります。一般には、花の美しいカンパフラリアの方がよく栽培されています。

カンパヌラリアは、濃青色の美しい花色を持っていますので、もっと多くで回るのではないかと思っていましたが、最近はほとんど見かけることがありません。以前、「サカタのタネ」からタネが出ていましたが、最近カタログで見かけなくなったのが残念です。

2014年の秋に「サンレインソイル」からカンパヌラリアのタネを手に入れることができましたので、早速播いてみました。

栽培したところでは、発芽は良好で、たくさんの苗ができそうでしたが、途中で、ナメクジかカタツムリか、どちらかにだいぶ食べられてやっと8本生育しました。

その後、まとめて大型の丸型プランターに植えて無加温のビニールハウスで育てたところ、2月末からようやく咲き始め、3月になってだんだんと花が増えてきました。やはり美しい花色には感動です。

なお、カンパヌラリアの葉に直接触れると、かぶれることがありますので肌の弱い方は注意が必要です。直接触れなければ大丈夫ですが、私は、プランターを動かしているとき、手首と肘の間に触ったために、かぶれてしまいました。

【花の特徴と性質】

ファセリア・カンパヌラリアの花

草丈

【主な種類と品種】を参照してください。

【主な種類と品種】を参照してください。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はあまり強くなく、庭植えには向いていません。

また、高温多湿も苦手ですので、夏には枯れてしまいます。

学名の説明

Phacelia・・・・・ギリシャ語の phacelos(束)が語源です。

campanularia・・・・・「鐘型の」

tanacetifolia・・・・・「タナセタムのような葉の」

【主な種類と品種】

カンパヌラリア
P. campanularia

草丈は30cmほどで、カリフォルニア・ブルーベルと呼ばれるように濃い青色がとても美しい花です。花径は2p程度です。

タナセティフォリア
P. tanacetifolia

草丈は60cmほどで、藤色の花が密集して咲きます。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

以下は、ファセリア・カンパヌラリアについての内容です。

タネまき

発芽適温は15〜20度ですので、タネは9月下旬〜10月中旬にまきます。寒冷地は、春まきとします。清潔な用土を入れた育苗箱かピートバンにタネが重ならないようにまき、覆土は2mmほどにします。

発芽後、本葉が2〜3枚のころにポットや小鉢に鉢上げして育苗します。発芽は良好ですが、早めに、そして徐々に日に当てないと徒長しやすいので注意します。

ファセリア・カンパヌラリアの花

タネをまいた後、最初は、ゆっくり育ちますが、だんだんと生育が旺盛になっていきます。

植え付け

耐寒性がそれほどなく、また、やや乾燥気味のところを好みますので鉢かプランターで育てた方が失敗が少ないと思われます。

ポットに根が回ったら、鉢やプランターに植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥を同じ比率にした用土に植えましたが、よく育ちましたのでので、市販の培養土でも問題ありません。

株間

5号鉢に1本、径の大きな底の浅い丸形プランターなら径30pのプランターで5株が目安です。

置き場所

日当たりがよいところで育てます。

日常の管理

側枝が適当に出てきますので、摘芯をしなくても大丈夫です。

過湿を嫌うので、水のやりすぎに注意します。

ファセリア・タナセティフォリアの花

冬の管理

耐寒性が強くないので、フレームあるいは室内で育てます。

ふやし方

タネを採っておいて、秋にまきます。

肥料

元肥のほか、2〜5月に1週間〜10日に1回程度液肥を与えます。

生育前期に肥料切れすると花数が少なくなりますので施肥を忘れないようにします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。