ヒメノボタン

の花
写真
撮影時期
栽培状況

科名・属名

ノボタン科
ヒメノボタン属

園芸分類

宿根草

別名

クサノボタン
ササバノボタン

原産地

紀伊半島、四国、九州、琉球列島など

用途

庭植え、鉢植え

花期

8〜10月

【ヒメノボタンについて】

ヒメノボタンは、ノボタン科ヒメノボタン属の宿根草で、紀伊半島、四国、九州、琉球列島、台湾、中国などに分布しています。環境省絶滅危惧U類に分類されていますが、高知県では、三原村の星ヶ丘公園のヒメノボタンが有名で、地元の方が大切に育てていてます。

ところで、園芸界では、メキシコノボタンHeterocentron elegans)がヒメノボタンとして流通していますが、やはり、ヒメノボタンは本種とすべきです。

本種の仲間にヤクシマヒメノボタンブータンノボタンosbeckia nepalensis)がありますが、その名のとおりヒメノボタンの方が小型のようです。

【栽培メモ】

今のところ、鉢植えで育てていますが、冬を越して特に問題なく育っています。

【ヒメノボタンの概要】

草丈

30pほどになります。

花径は3pほどで紅紫の一重の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い

耐寒性は強いとまでは言えませんが、暖地では、戸外で冬を越すことができます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Osbeckia chinensis

学名の説明

osbeckia・・・・・スウェーデンの探検家で博物学者の Pehr Osbeck への献名

chinensis・・・・・「中国の」

【主な種類と品種】

同属にブータンノボタンがあります。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 乾燥に弱いので、夏場の水切れに注意します。

植え付け

購入した株の鉢が小さいときは、根鉢をあまり崩さないようにして一回りか二回り大きい鉢に植えつけますが、植え付けた後、しばらくは鉢土が乾燥しないよう注意します。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、鹿沼土、腐葉土(バーク堆肥)を4:3:3程度に混ぜた用土が一例です。

植え場所、置き場所

日当たりのよいところで育てます。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

植え替え

鉢植えの場合は、2年に1回を目安に、4〜5月ごろに植え替えます。鉢から抜いて、古い土を少し落として一回り大きい鉢に植え替えますが、あまり根鉢を崩しすぎないようにします。

日常の管理

乾燥に弱いので、水やりを忘れないようにします。特に夏場は注意します。

剪定

枝が伸びて樹形が悪くなったら、花後に切り戻しをしておきます。強剪定をするときは、春先に行います。

冬の管理

耐寒性はそれほど強くないので、鉢植えは霜の当たらない軒下などに置き、水やりは控えめにします。

ふやし方

挿し木のほかタネを播いて増やすことができます。

肥料

4〜10月にかけて、夏場を除き2ヶ月に1回程度、緩効性の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。