ピンクッション

ピンクッションの花
写真 ピンクッション
撮影時期 2009.4.25
栽培状況 開花株購入

科名・属名

ヤマモガシ科
リュウコスペルマム属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

リューコスペルマム

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3月〜5月

【ピンクッションについて】

ピンクッションは、南アフリカ原産のヤマモガシ科リュウコスペルマム属の常緑低木で、耐寒性はありません。ずいぶん前に園芸店で初めて見かけて、ちよっと変わった花という印象を受けたことを記憶しています。名前の由来は、針刺し(ピンクッション)のような花の形からきています。

栽培したところでは、日本の気候にはあまり適してなく、耐寒性がなく、また、特に梅雨から夏の高温多湿を嫌うため、栽培はやや難しいと言えます。

写真の株も夏には枯れてしまいましたが、用土が悪く過湿になったことも一因ではなかったのかなと思っています。

【ピンクッションの概要】

樹高

鉢植えのものしか見たことはありませんが、原産地では2〜3mになると言われています。鉢植えでは30〜40pほどのものがよく売られています。

写真のように、独特の形をしており、一度見たら忘れられません。花色は、オレンジ、レッド、イエローの3種があります。花持ちがよく、切り花としても利用できそうです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 弱い

生育適温は、10〜25度で、最低0度は必要とされています。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:かなり難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Leucospermum cordifolium

学名の説明

Leucospermum・・・・・ギリシャ語のleuco(白色の)+ spermum(種子)

cordifolium・・・・・cordis(ハート形の)+ folium(葉)

【主な種類と品種】

今のところ、品種名は確認できていません。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 過湿にすると根腐れを起こしやすいので注意します。

植え付け

春頃に、園芸店やホームセンターなどで開花株が売られていますので、これを買って育てます。多湿を嫌い、寒さにもやや弱く、庭植えには向いていませんので、鉢での栽培になります。

鉢植えの用土

酸性土壌を好みますので、鹿沼土に酸度調整をしていないピートモスを加えた用土などを使います。鹿沼土、ピートモス、パーライトを5:3:2程度に混ぜた混ぜた用土などが一例です。

苦土石灰を混ぜたりしてはいけません。

ピンクッションの花

植え場所

日当たりのよい場所に置くと、花色が冴えますので、日当たりと風通しのよい場所に置きます。

また、過湿に弱いので、梅雨時や長雨が予想されるときは、雨のかからないところに移します。

植え替え

花後、根鉢を崩さないようにして、一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えの際、根を傷めないよう注意します。

日常の管理

過湿にすると根腐れを起こしやすいので注意します。鉢の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

一方で、水切れに弱いので、乾燥させすぎないように注意します。

夏の管理

高温多湿が苦手ですので、日陰〜半日陰で雨の当たらない涼しいところに置いて育てます。しかし、暖地の場合、なかなかそうした場所がなく、夏に元気をなくし、そのまま回復しないことになります。

冬の管理

耐寒性がそれほど強くないので、冬は、室内に取り込みます。

肥料

リン酸の少ない肥料を春と秋に少量与える程度にします。

病気・害虫

今のところ特にないようですが、梅雨時から夏に根腐れを起こして枯れてしまうことがよくあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。