ビジョナデシコ(美女撫子)

ビジョナデシコの花
写真 美女なでしこ
撮影時期 2012.5.6
栽培状況 秋まき後、庭植え

科名・属名

ナデシコ科
ナデシコ属

園芸分類

秋まき一年草
(宿根草)

別名

ヒゲナデシコ
アメリカナデシコ

原産地

ヨーロッパ南部
バルカン半島

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ビジョナデシコについて】

ビジョナデシコは、ピレネー山脈からカルパティア山脈に至る南ヨーロッパ、及びバルカン半島を原産とするナデシコ科ナデシコ属の秋播き一年草です。本来は宿根草ですが、暑さに弱いので一般には秋まき一年草として扱われます。

ナデシコの仲間の中でも特に花が美しいことと、丈夫で生育がよく、タネを播いて育てても育苗が簡単なことから、よく栽培されています。

なお、ビジョナデシコの別名をヒゲナデシコと呼ぶのは、花と花との間に細長い苞がヒゲのように見えるところから付けられたようですが、あまりセンスのあるネーミングとは言えません。

【栽培メモ】

タネから育てても苗づくりが簡単ですので、まず、失敗なくつくれます。色とりどりの花が咲いてくれると本当にうれしくなります。

以前は、夏越しする株もそこそこあったように記憶していますが、最近は温暖化のせいで、大半の株が枯れてしまいます。植える場所にもよるとは思いますが。

余談ですが、ビジョナデシコは、冬の低温に当てないと開花しない性質を持っています。ある年、タネを播く時期が遅くなり、苗が十分に育っていなかったことから、試みにトンネルをしたところ、株はそこそこになったものの肝心の花が咲きませんでした。

【ビジョナデシコの概要】

ビジョナデシコの花

草丈

50〜60p程度になります。

花茎の頂部に花が群がるように咲きます。

白、淡桃、緋紅色、赤、濃赤、紫、青紫など多彩で、各色混合のタネを播いて育てると花壇がたいへんにぎやかになります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い

耐暑性が弱く、暖地では、一部は夏を越すものの多くは枯れてしまいます。耐寒性はあります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Dianthus barbatus

学名の説明

Dianthus・・・・・ギリシャ神話の神 Dios(ジュピター)+ ギリシャ語の anthos(花)が語源です。 

barbatus・・・・・「ヒゲのある」、「長い軟毛のある」

【主な種類と品種】

‘ノベルナクラウン’という品種(写真下)は、花色が白から赤や紫に変わる品種です。そのほか、一般には各色の混合されたタネが販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 定植後、摘心して側枝を出すようにします。

タネまき

暖地では秋、寒冷地では春に播くのが一般的です。秋まきの場合、9月下旬〜10月中旬ごろにまき、タネが隠れる程度に薄く覆土します。

発芽後、本葉が2〜3枚のころにポットに植え替え育苗します。苗の生育が早く、育苗はとても簡単です。

ビジョナデシコの花

植え付け

本葉が6〜7枚になったら、花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

植え付ける際は、腐葉土(バーク堆肥)を1u当たり10Lと化成肥料を入れ、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25pとします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

定植後、摘心して側枝を出すようにします。そうすることで、枝数が増え、花どきには一層華やかになります。

草丈が高くなってくると倒伏しそうになる場合がありますので、必要に応じ支柱を立ててやります。

冬の管理

耐寒性がありますので、冬は戸外で育てます。ビジョナデシコは、寒さにあわないと花芽を付けませんので、霜除けは不要です。

ビジョナデシコの花

ふやし方

本来、宿根性なので梅雨の頃挿し芽をして、夏、半日陰の涼しいところで管理すれば、翌年も花を楽しむことができます。

ただし、タネから簡単に育てることができますので、あえて、挿し芽をする必要もないかと思います。

肥料

花壇に植える場合は、植え付け時に緩効性化成肥料を1u当たり50gほど与えます。追肥はほとんど必要としません。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、暖かくなったら2週間に1回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。