ハマナデシコ Dianthus japonicus

ハマナデシコの花
写真 ハマナデシコ 夏紅撫子
撮影時期 2015.6.21
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

ナデシコ科
ナデシコ属

園芸分類

宿根草、秋播き一年草

別名

ナツナデシコ
フジナデシコ

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜9月

【ハマナデシコについて】

ハマナデシコは、耐寒性、耐暑性があり、丈夫な宿根草です。フジナデシコという別名がありますが、花色がフジの花に似ているところからきています。また、ナデシコの仲間としては開花期も遅く、夏から秋に咲くので、ナツナデシコの別称もあります。

花の少ない時期に咲くので、夏の切り花としても利用されます。

栽培したところでは、‘サマーラベンダー’をタネから育てて、日当たりのよい花壇に植えたところ、1年目より2年目が夏によく咲きました。その後、大株になって枯れてしまいましたが、さし芽をした株が残っていて、またよく咲いています。

【花の特徴と性質】

ハマナデシコ ‘サマーラベンダー’の花

草丈

40〜60pほどです。葉が厚くてツヤがあります。

自生のものはピンクや淡い藤色です。まれに白花もあるようです。

7月に一度咲いた後、9月になってまた花が咲きました。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。

ただし、暖地の場合ですが、一日中、日の当たるところに植えておくと、特に、大株は枯れてしまうことがあります。

学名の説明

Dianthus・・・・・・ギリシャ神話の神 Dios(ジュピター)+ ギリシャ語の anthos(花)が語源です。 

japonicus・・・・・「日本の」

【主な種類と品種】

‘サマーラベンダー’

草丈は50〜60cmほどで、爽やかな藤色の花が咲きます。花期は7〜9月頃です。(写真中)

夏紅ナデシコ

草丈は40cmほどで、紅色の花が咲きます。夏紅ナデシコという名前ですが白花もあります。花期は6月から咲き始めます。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てるときは9月中旬〜10月に播きます。苗は初夏に園芸店などに出ています。

育苗箱に播き、覆土は2〜3mmにします。発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えます。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターに定植します。

秋播きの夏紅ナデシコを育苗して秋に定植したところ、あまり結果がよくありませんでした。ポットのまま無加温のビニールハウスで育てたものを春先に定植したら、よく咲きました。この品種に限って言うと、多少寒さに弱いのかもしれません。

花壇に植えるときは、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて、耕しておきます。定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

夏紅撫子の花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

25pほどにします。標準のプランターの場合3株を目安にします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

暑さには強いものの、暖地の場合は、午後は、日陰になるようなところが適しています。

日常の管理

庭植えの場合も、夏に雨が少ないときは、潅水をして株を元気にします。

宿根草になりますが、大株になると枯れやすくなるので、さし芽をして株を残すかタネを取っておくと安全です。

冬の管理

耐寒性がありますので、暖地では霜除けをしなくても大丈夫です。

肥料

植え付け時に化成肥料を50gほど施します。

病気・害虫

特にはありませんが、暑くなってくると枯れる株がでてきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。