パンドレア

パンドレアの花
写真 パンドレア 
撮影時期 2015.5.29
栽培状況 鉢植え

科名・属名

ノウゼンカズラ科
ソケイノウゼン属
(パンドレア属)

園芸分類

常緑低木

別名

ナンテンソケイ
ソケイノウゼン

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

6〜10月

【パンドレアについて】

パンドレアは、オーストラリア原産のノウゼンカズラ科の常緑低木です。花がとても美しいですが、残念ながら耐寒性がありません。

別名のナンテンソケイというのは、葉がナンテンに似ているからです。

最近出回っている品種には、葉に斑が入っているものがありますので、花のない時は観葉植物としても利用できます。

栽培したところでは、冬場、室内に取り込む必要がありますが、温室がなくても上の写真のように、よく咲いてくれます。丈夫でよく育ち、花も美しいので育て甲斐のある花木だと言えます。

【パンドレアの概要】

パンドレアの花

樹高

つる性ですが、通常の栽培ですと枝はそれほど伸びません。誘引、剪定することで、1m程度に抑えることができます。

上の写真の木は、育てはじめて10年近くになりますが、90cm〜1mほどです。

花径5〜6pほどで、喉元がピンク〜赤紫で花弁が白〜淡ピンクの花が咲きます。

その他に、桃色の花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

耐暑性は強いですが、耐寒性がないので冬は室内で管理します。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Pandorea jasminoides

学名の説明

Pandorea・・・・・パンドラの箱(Pandora's box)に因みます。
※ 鞘がパンドラの箱のように見えたからだと言われています。

jasminoides・・・・・「ジャスミンに似た」、「ジャスミンのような」

【主な種類と品種】

喉元がピンク〜赤紫で花弁が白〜淡ピンクの品種のほか、斑入りの‘キャリスマ’(写真:中)という品種が出ています。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ つる性ですので、通常は、あんどん仕立てにして楽しみます。

※ 樹形が乱れたら、花が終わった時期に切り戻しをしておきます。

植え付け

5〜6月ごろに花の咲いた株や苗木が園芸店などに出てきますので、これを買って育てます。耐寒性がないので、鉢での栽培になりますが、つる性ですので、通常は、あんどん仕立てにして楽しみます。

苗木を購入したときは、通常、小さい鉢に植わっていますので、その場合は、とりあえず6号鉢程度の大きさの鉢に植えつけます。

鉢植えの用土

用土は、赤玉土、鹿沼土、腐葉土(堆肥)が等量のものを使っていますが、特に問題なく育っています。

パンドレアの花

植え替え

鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に、4月頃に植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、新しい用土で植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

植え替えを怠って、根詰まり気味になると花付きがわるくなったり、花が咲かなくなりますので、この作業は欠かせません。

置き場所

日当たりを好みますので、生育期間は、日当たりのよい戸外に置いて育てます。

日常の管理

過湿にしないよう、鉢の表面が乾いたら水やりします。

剪定

樹形が乱れたら、花が終わった時期に切り戻しをしておきます。その後も、枝が伸びすぎたら、適宜に切り戻しておきます。

冬の管理

冬は室内の日当たりのよいところに移し、水やりは少なくします。

肥料

多肥を好みますので植えつけ時に緩効性肥料を与え、生育期には月に1回置肥をするか、10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。