バーバスカム Verbascum

バーバスカムの花
写真 バーバスカム・フォエニセウム
撮影時期 2008.4.19
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬はポリフィルムでトンネル)
科名・属名

ゴマノハグサ科
モウズイカ属

園芸分類

宿根草

別名

モウズイカ

原産地

トルコ〜西アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【バーバスカムについて】

バーバスカムは、モウズイカ属の宿根草です。この仲間では、大きなシルバーリーフが美しく、黄色の花を咲かせるビロードモーズイカ (V. thapsus) をよく見かけます。

それ以外にも、花の美しいバーバスカム・フォエニセウム(V. phoeniceum) は、イングリッシュガーデンではよく利用されています。

栽培したところでは、バーバスカム・フォエニセウムは耐暑性が弱いため、秋播きにして、春先までに充実した株にしようと考え、冬は農ポリでトンネルをして育てたところ、思いのほかよく咲いてくれました。また、‘サザンチャーム’も秋播きにして同様に育てたところ、こちらもよく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

バーバスカムの花

草丈

花茎が伸びてくるまではロゼット状ですが、花茎の先までは60〜90p程度になります。

長い花茎を伸ばして、花をたくさん付けるので見映えがします。

花径は3p程度で、花色は白、ピンク、紫などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性はあまり強くありません。

学名の説明

Verbascum・・・・・barbascum(ひげのある)が語源です。

phoeniceum・・・・・「緋紅色の」

chaixii・・・・・18世紀の植物学者 Dominique Chaix の名前に因みます。

thapsus・・・・・チェニジアの都市の名前です。

【主な種類と品種】

バーバスカムの仲間です。

フォエニセウム
V. phoeniceum

ロゼット状に大きな葉を広げます。花は美しく、ピンクや白、パープルやアプリコットなど花色も豊富です。草丈は60〜90p程度です。関東以西の暖地では一年草扱いで、耐暑性はそれほどありません。(写真:上3枚)

シェクシー
V. chaixii

長い花茎に小さな花が密生するタイプで、‘ウェディングキャンドル’や‘シックスティーン・キャンドル’などの園芸品種があります。

‘サザンチャーム’
V. hybridum 'Southern Charm'

フォエニセウム系の交配種とされています。草丈60cmほどで、アプリコット、ベージュピンクなどの花が咲きます。タネが販売されています。(写真:最下段)

ビロードモウズイカ
V. thapsus

シルバーリーフの大型のバーバスカムで1.5mほどになります。花は黄色です。こぼれダネで増えるため一部では雑草化しています。

【育て方と栽培のポイント】

ここでは、バーバスカム・フォエニセウムや‘サザンチャーム’について記載しています。

タネ播き

春に苗が売られていますが、タネからも育てることができます。タネから育てる場合は、9月中旬〜10月上旬に播きます。

タネが細かいのでピートバンなどに播きます。覆土はせず、底面から吸水させます。

発芽まで2〜4週間かかりますが、発芽は比較的良好です。発芽後、3〜4枚のころポットや小鉢に植え替えます。

バーバスカムの花

ポットに植え替えた後は、薄い液肥を与えながら育苗します。最初は、成育がゆっくりですが、次第に大きくなってきます。

植え付け

弱アルカリを好むので、植え付け前に苦土石灰を1u当たり100gほど播いて耕しておきます。

ポットに根が回ってきたら花壇やプランターに定植します。苗が大きくなりすぎてから定植すると、後々の成育がよくないので、定植が遅れないようにします。

植えつけ時に、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

30pほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

プランターで育てる場合は、やや乾燥気味に管理します。

花茎が伸びてくると、倒れそうになることがあ利ますので、その場合には支柱をします。

冬の管理

秋播きしたときは、春までに充実した株にしないと、よい花は期待できません。

そこで、本来、耐寒性はありますが、タネを播いて秋に花壇に定植したときは、冬は農ポリでトンネルをして育てると苗がよく育ち、4月には花を楽しむことができます。

バーバスカムの花

プランターなどに植えた場合は、冬は軒下に置きます。

水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。

また、3月になったら10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

ハダニが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。