ハゴロモジャスミン

ハゴロモジャスミンの花
写真 ハゴロモジャスミン
撮影時期 2002.4.19
撮影場所 田野町にて

科名・属名

モクセイ科
ソケイ属

園芸分類

常緑つる性低木

別名

ジャスミナム・ポリアンサ

原産地

中国雲南省

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ハゴロモジャスミンについて】

ハゴロモジャスミンは、中国原産のモクセイ科ソケイ属(ジャスミナム属)のつる性低木です。ソケイ属の中でも特に花付きがよく、株を覆うように咲きます。

比較的耐寒性もあり、私の住んでいる野市町周辺でも庭植えができますので、よく植えられています。

上の写真は、以前に勤務していた安芸郡田野町の町道横の空き地に咲いていたハゴロモジャスミンです。大株になって、あふれるばかりによく咲いていて、周りにすばらしい香りを漂わせていました。

この花が咲く時期は、丁度、連休の前ごろで、この花を見ると余計うれしくなったものです。

ところで、一般にジャスミンと呼ばれるのはモクセイ科ソケイ属の花木を指し、いずれも香りのよい花が咲きます。ハゴロモジャスミンの他に、ペルシャソケイ(Jasminum officinale)マツリカJasminum sambac)などがあります

ジャスミンという名前がついていても、カロライナジャスミンマダガスカルジャスミンは、モクセイ科ソケイ属の花木ではありません。

【栽培メモ】

野市町でもマイナス3〜4度という日が続いたことがありましたが、庭植えのハゴロモジャスミンは、枝先が少し傷んだだけで葉が落ちることもありませんでした。ただし、この年は、花芽が傷んであまりよく咲きませんでした。暖冬の年は、よく咲いてくれます。

【ハゴロモジャスミンの概要】

ハゴロモジャスミンの花

樹高

つる性で、よく伸びますので行灯仕立てなどに向いています。

暖地では露地で越冬できるので、オベリスクやフェンスなどに仕立てるとたいへん豪華です。

花径1pほどの白い花をたくさんつけるので、開花時はたいへんきれいです。

また、甘い香りも本当にすばらしいものです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 比較的強い
耐暑性 強い

比較的耐寒性が強く、暖地では、露地で越冬できます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい(誘引作業が必要です)

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Jasminum polyanthum

学名の説明

Jasminum・・・・・アラビア語のysmynをラテン語化したものです。

polyanthum・・・・・ギリシャ語の poly(多い)+ anthum(花の)

【主な種類と品種】

ジャスミンの仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 秋に花芽ができますので、花後から夏のうちに剪定を済ませます。

植え付け

開花株が鉢植えで売られていることが多く、通常は、これを買って育てることになります。ですので、一般には、花後の5月頃の植え付けになります。苗が手に入れば4月でも、9〜10月でもかまいません。

庭植えの場合は、植え穴に腐葉土か完熟堆肥を入れて庭土とよく混ぜ、鉢土を少しくずして植えつけます。植え付け後は、オベリスクやネットに誘引します。塀の内側に植えて、伸びてきた枝を外に垂らすこともできます。

鉢植えの場合は、アンドン仕立てが一般的です。市販の培養土に植え付け、支柱をします。園芸店などで売られている株は鉢が小さいので、大きめの鉢に植えた方がその後の生育が良くなります。

ハゴロモジャスミンの花

植え場所・置き場所

日当たり、排水のよいところであればよく育ちます。鉢植えも、日当たりのよいところで育てます。

ただし、近くに花木がある場合、放任していると、どんどんとツルを伸ばして、その花木を取り巻いてしまいます。ですので、庭植えの場合、植える場所には注意が必要です。

植え替え

ハゴロモジャスミンは生長が早いので、植え替えは、毎年、花後に行います。この際、剪定も併せて行います。

剪定

秋に花芽ができますので、花後から夏のうちに剪定を済ませます。

枝の伸びがよいので、伸びすぎたと思って秋に剪定をして花芽まで切ってしまうと、次の年に花が見れないことになります。

冬の管理

鉢植えは、霜の当たらない軒下などに移して、水やりは控えめにします。

肥料

鉢植えは、3月ごろと花後に固形肥料を置き肥します。庭植えの場合は、肥料を与えなくてもよく育ちます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。