ニューギニア・インパチェンス

ニューギニア・インパチェンスの花
写真 ニューギニア・インパチェンス
撮影時期 2019.7.15
栽培状況 プランター栽培

科名・属名

ツリフネソウ科
ツリフネソウ属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

(特にありません)

原産地

ニューギニア

用途

鉢植え

花期

5〜10月

【ニューギニア・インパチェンスについて】

ニューギニア・インパチェンスは、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の宿根草で、南太平洋のニューギニア諸島の標高1200〜2000mの高地で発見されたホウケリー(C. hawkeri)などの原種をもとに交配・育種行われてきた品種群を指します。

春まき一年草と比較すると、花と葉が大きく茎もしっかりしていて見栄えがします。鉢物として大変優れていますので、流通し始めて、またたく間に普及したように記憶しています。今では、初夏になる頃には園芸店やホームセンターなどにたくさん並んでいます。

本来は宿根草ですが、残念ながら耐寒性がないので、一年ものと思って育てた方がよいかと思います。そのように割り切って育てれば、鉢物としてはとても魅力があります。

【栽培メモ】

花が一通り終わってから、雨の当たらない軒下の日陰に置いてあったところ、さほど弱ることはありませんでしたので、強い日差しと過湿を避ければ、夏越しは難しくはありません。もっとも、水切れに弱いので、その点、注意が必要です。

【ニューギニア・インパチェンスの概要】

ニューギニア・インパチェンスの花

草丈

高さは、30〜40pほどですので、鉢植えで管理するのに適しています。葉に淡黄などの中班がはいる品種もあります。

花径は3〜5pほどで、花色は、淡桃、桃、濃桃、赤、濃赤、赤紫等があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い

夏の強光が苦手で、また、耐寒性もありません。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(耐寒性が弱いので)かなり難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Impatiens x hawkeri

学名の説明

Impatiens・・・・・ im(不)+ patiens(忍耐)で「辛抱できない」が語源です。
※ 熟した果実に少し触れただけで、急に皮がはじけて種子が飛び出すところからきています。

hawkeri・・・・・ パプアニューギニアで最初に原種を採取した Lod Hawker に因みます。

【主な種類と品種】

園芸店やホームセンターなどでは、いろいろな色の品種が売られていすが、特に品種名はついていないようです。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 水切れを起こさないように注意します。

※ 花が一通り終わったら、切り戻しをして明るい日陰に移します。

植え付け

寒さに弱く、通常は鉢植えで育てます。花壇でも育てられないことはありませんが、直射光と過湿を嫌いますので一般的ではありません。

ニューギニア・インパチェンスの花

春から初夏に園芸店やホームセンターなどに開花株が出てきますので、これを買って育てます。

鉢植えで育てる場合、小さな鉢に植わっているときは、生育が旺盛ですので二回りほど大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

乾燥を嫌うとはいえ、水はけのよい用土に植えないと過湿で枯れることがあります。市販の草花用培養土にパーライトを1〜2割ほど加えた用土が一例です。

置き場所

強い日差しを嫌いますので半日陰に置いて育てますが、梅雨明け後から夏場は、明るい日陰に移します。また、過湿も嫌いますので梅雨時や長雨の続きそうなときは雨の当たらないところに移します。

植え替え

ニューギニア・インパチェンスは耐寒性がないので、冬に枯れてしまうので植え替えまで至らないことが多いですが、冬を越すことができたら、5月ごろに植え替えます。

日常の管理

原種は、本来、湿地帯に生ていますので、水分を好みます。鉢植えの場合は水切れを起こさないように注意します。 その一方で、過湿も苦手ですので長雨に当てないようにします。

花が一通り終わったら、切り戻しをしておきます。そうすることで、秋に再び花を楽しむことができます。

夏の管理

直射日光の当たらない明るい日陰などに置いて育てないと、関東以西の暖地では夏越しが厳しいと言えます。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は室内に取り込み、日当たりのよいところで育てます。耐寒温度は5度程度とされています。

ニューギニア・インパチェンスの花

もっとも、春になると苗がたくさん出回るようになっていますし、金額も手頃なので、無理して冬越しさせる必要はないかと思われます。

肥料

生育が旺盛なので、1週間〜10日に1回液肥を与るか、1月に1回ほど緩効性の化成肥料を置肥します。

病気・害虫

開花中に過湿にすると灰色カビ病が発生することがありますが、通常の管理ではあまり問題ないと思います。そのほかアカダニなどの発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。