ティアレア

ティアレアの花
写真 'スプリングシンフォニー'
撮影時期 2012.4.17
栽培状況 鉢植え

科名

ユキノシタ科

属名

ティアレア属

学名

Tiarella

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

北アメリカ東部

主な用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜5月

【ティアレアについて】

ティアレアは、ユキノシタ科ティアレア属の宿根草です。葉の形だけを見ると近縁種のヒューケラによく似ていますが、花の形で区別ができます。また、耐暑性は、ややティアレアのほうがありそうです。

‘スプリングシンフォニー’という品種がおなじみですが、ティアレアの名前で流通しているのは、北米東部に自生するコルディフォリア(T. cordifolia)やウェリー(T. wherryi)などを元に交配された品種群です。

耐陰性が強く日陰地に向いているので、こうした場所で利用価値が高いと思われます。また、葉の色や斑も変化があり、花のない時期も楽しめます。

栽培したところでは、夏の高温多湿が気がかりでしたが、夏はほとんど日陰になるところに置いて育てたところ、何とか夏を乗り切っています。

また、植え替えは、株分けを兼ねて秋に行いましたが、寒さにも強く問題はありませんでした。

【花の特徴と性質】

ティアレアの花

草丈

20〜50pほどになります。

穂状の花で、花色は白に近い淡いピンクです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、高温多湿をやや苦手とします。

学名の説明

Tiarella・・・・・小さな王冠を意味するギリシャ語の tiara が語源です。これは果実の形からきています。

cordifolia・・・・・「心臓形の葉の」

wherryi・・・・・アメリカの植物学者 E. T. Wherry に因みます。

【主な種類と品種】

スプリングシンフォニー

草丈20〜30p程度で、淡ピンクの花が咲きます。

ニンジャ

切れ葉で淡ピンクの花です。

クロフェーザー

丸葉の品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春又は秋に植え付けます。庭植えもできますが、関東以西の温暖地の場合は、季節によって栽培環境が変えられる鉢やプランターで育てる方が無難です。また、小型の宿根草ですので、その点からも鉢やプランターで育てるのに向いています。

花壇に植えるときは、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、腐葉土若しくはバーク堆肥、パーライト)を6:3:1程度に混ぜたものなどが1例です。

ティアレアの花

植え場所・置き場所

耐陰性が強いので、半日陰地や日陰地に適しています。

耐暑性がそれほど強くないので、暖地の場合は、庭植えにするなら、夏は日陰になる落葉樹の下などが適しています。

鉢やプランターも半日陰に置きます。暖地の場合は、真夏は明るい日陰に置いた方が安全です。

株間

15〜20p程度にします。

植え替え

花壇に植えた場合は、4〜5年は植えっぱなしにできますが、株が混みあってきたら、春先の芽が動き出す前に、株分けを兼ねて植え替えます。暖地では、秋でも差し支えありません。

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回、同じ時期に植え替えます。

日常の管理

やや湿り気味の環境を好みますので、鉢やプランターに植えた場合は、夏場の水切れに注意します。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。暖地の場合は、冬も葉が残りますので、春になって新しい葉が伸びてきたら、古い葉を取り除いておきます。

鉢やプランターに植えた場合は、水やりは減らしますが、乾燥させすぎてはいけません。

肥料

花壇に植えたときは、春先に緩効性の肥料を少量与える程度で、多肥にする必要はありません。

鉢やプランターは、植えつけおよび植え替え時に、緩効性肥料を少な目に与えます。後は、春と秋に月に2回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。