ドリミオプシス・マキュラータ

ドリミオプシスの花
写真 ドリミオプシス・マキュラータ
撮影時期 2020.6.16
栽培状況 鉢植え

科名・属名

キジカクシ科
ドリミオプシス属

園芸分類

春植え球根

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

【ドリミオプシス・マキュラータについて】

ドリミオプシスは、南アフリカ原産の球根植物です。ドリミオプシスとして園芸店やホームセンターで販売されているのはここで取り上げているマキュラータ(Drimiopsis maculata)で、種小名のとおり葉に斑点が入るのが特徴です。

花はそれほど見栄えはしないかもしれませんが、ムスカリのような白っぽい花が咲きます。

【栽培メモ】

比較的丈夫そうですが、購入して間がないので、詳細は後日追記します。

【ドリミオプシス・マキュラータの概要】

ドリミオプシスの花

草丈

15〜20pほどになります。

ムスカリのように小さな花が穂状に咲きます。花色は、緑白色のような色合いです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 強い

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Drimiopsis maculata

学名の説明

Drimiopsis・・・・・関連する属であるドリミア属に類似していることから

maculata・・・・・「斑点のある」、「しみのある」

【主な種類と品種】

この属では本種以外にブルケイ(D. burkei)が紹介されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

初夏〜夏に園芸店やホームセンターなどで見かけることがあります。耐寒性が弱いので鉢での栽培となります。

鉢が小さくて根詰まり気味のときは、根鉢を崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

多肉植物用の培養土で差し支えありません。

ドリミオプシスの花

置き場所

日当たりに置くと斑点が冴えますが、直射光は避け、半日陰に置くと無難です。

植え替え

暖かくなってきた4〜5月に、分球を兼ねて植え替えるようにします。

日常の管理

夏の間は、鉢土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

冬の管理

寒くなってくると葉を落として休眠期に入りますので、水やりは中止し、室内の暖かいところに移します。

ふやし方

植え替えのときに分球して増やすことができます。

肥料

春の生育期に液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。