トケイソウ(時計草) Passiflora caerulea

トケイソウの花
写真 トケイソウ
撮影時期 2010.5.16
栽培状況 庭植え
科名・属名

トケイソウ科
トケイソウ属

園芸分類

つる性草本

別名

パッションフローラ
ハナトケイソウ

原産地

ブラジル、ペルーなどの中南米

用途

庭植え、鉢植え

花期
6〜9月

【トケイソウについて】

トケイソウは、主に南アメリカ大陸に分布しているトケイソウ科トケイソウ属のつる性草本です。花の形が何となく時計の文字盤によく似ていることが名前の由来です。

よく見かけるトケイソウは、比較的耐寒性が強いペルー原産のカエルレア(P. caerulea)ですが、それ以外に、ベネズエラ原産のコッキネア(P. coccinea)も流通しています。花を観賞する種類ほか、果実用のクダモノトケイソウ(P. edulis)もよく栽培されています。

栽培したところでは、寒さに弱いものもありますが、通常よく見かけるカエルレアは、耐寒性があって、私の住んでいる香南市野市町周辺では、地上部は枯れるものの庭植えで冬を越します。それはそれでよいのですが、あちこちから芽を吹き枝の伸びも旺盛ですので、あちこちの木に絡むので少々困った存在になっています。

【花の特徴と性質】

樹高

つる性です。

花径5pほどの花が咲きます。花色は、白花の他赤色の品種もあります。

耐寒性・耐暑性

一般的に耐寒性が弱いですので庭植えにすると冬に枯れてしまいます。ただし、関東以西の温暖地では、カエルレアは冬を越すことができます。

学名の説明

Passiflora・・・・・fiore della passioneをラテン語化した「情熱の花」という意味です。

caerulea・・・・・「青色の」

edulis・・・・・「食べられる」

coccinea・・・・・「深紅色の」

【主な種類と品種】

カエルレア
P. caerulea

日本でよく栽培される種類です。耐寒性が比較的強く、関東以西の暖地では庭植えで冬を越すことができます。つるもよく伸びます。

コクシネア
P. coccinea

ベニバナトケイソウと呼ばれる鮮やかな赤色の花を咲かせる品種です。耐寒性は弱いです。(写真下)

クダモノトケイソウ
P. edulis

果実を収穫するための品種で、パッションフルーツとも呼ばれます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店には、6月頃花アンドン仕立てにした開花株が出回りますので、これを買って育てます。鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして、大きい鉢に植え付けます。

緑のカーテンに利用する場合は、大きめのプランターなどに植えつけます。

庭植えにするときは、トレリスなどに絡ませていきます。

トケイソウの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭植えにするときは、耐寒性のある品種を選び、日当たりのよいところに植えつけます。関東以西の温暖地では、カエルレアは冬を越え、放置しておくと春になって、あちこちから芽を吹きますので、他の植物に絡む恐れのないところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

植え替えは4月中旬以降、暖かくなってから行います。

日常の管理

気温が高くなるにつれツルの伸びが旺盛になりますので、早めに誘引をしていきます。

冬の管理

トケイソウは、種類によって耐寒性にかなり開きがあります。耐寒性のない種類は、室内に取り込み、水やりはぐっと控えめにします。

肥料

庭に植える場合は、特に肥料を与えなくても差し支えありません。

鉢植えで育てる場合は、植え付け、植え替え時に緩効性の化成肥料を用土に入れて植え付け、後は、月に2回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

乾燥期にハダニが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。