チョウジソウ(丁字草) Amsonia elliptica

チョウジソウの花
写真 ホソバチョウジソウ
撮影時期 2017.4.28
栽培状況 庭植え
科名・属名

キョウチクトウ科
チョウジソウ属

宿根草

(特にありません)

本州・九州、朝鮮半島、中国

庭植え、鉢植え

4月

【チョウジソウについて】

チョウジソウは、本州・九州、朝鮮半島、中国川岸など湿った場所に自生するキョウチクトウ科チョウジソウ属の宿根草です。花を横から見ると丁の字に似ていることからが名前の由来とされています。

自生地では、花が美しいために採取されたり、生育地が開発されて減少しているため、絶滅危惧類に指定されています。

そうした事情もあるのか、園芸店やホームセンターなどで売られているチョウジソウは、北米原産のヤナギバチョウジソウ (A. tabernaemontana) やホソバチョウジソウ (A. angustifolia) であることがあります。上の2枚の写真の株も、ホソバチョウジソウと思われます。

栽培したところでは、普通の庭に植えていますが、よく育ち、毎年よく咲いています。イトバチョウジソウも、芽が出てくるのが遅いので心配しましたが、順調に育っています。

【花の特徴と性質】

チョウジソウの花

草丈

40〜60pほどですが、比較的コンパクトなので鉢植えでも楽しめます。

水色の美しい花が咲きます。落ち着いた色合いが魅力的です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Amsonia・・・・・バージニア州のグロスター郡の医師 C. Amson に因みます。

elliptica・・・・・「楕円形の」

tabernaemontana・・・・・ Tabernaemontanus と呼ばれる16世紀ドイツの医師で植物学者の Jakob Theodor von Bergzabern に因みます。

angustifolia・・・・・「細葉の」

【主な種類と品種】

チョウジソウ以外の種類を紹介します。

ヤナギバチョウジソウ
(柳葉丁字草)
A. tabernaemontana

北アメリカ原産で、草丈は70〜80cmほどです。柳葉とは言いますがにわかには丁字草と見分けがつきにくいようです。

ホソバチョウジソウ
(細葉丁字草)
A. angustifolia

北アメリカ原産で、草丈は70〜80cmほどです。丁字草として売られていることがあります。

イトバチョウジソウ
(糸葉丁字草))
A. hubrichtii

アメリカ中西部原産で、草丈は60〜80cmほどになります。花径1cmほどの白に近いごく淡い水色の花が咲きます。本種は、葉が丁字草とは明らかに違っていますので、すぐに見分けがつきます。(写真:下)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3月ごろが植え付けの適期です。庭植でもプランターに植えても育てることができます。

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土若しくはバーク堆肥を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

チョウジソウの花

植え場所・置き場所

川岸など湿った草原に生育していますので、それに近い環境が最適ですが、庭に植えても問題なく育ちますので、それほど神経質になる必要はありません。

ただし、西日が当たって乾燥するようなところは避けるようにします。

鉢やプランターに植える場合は、鉢土が乾きすぎないよう半日陰で育てます。

植え替え

庭に植えた場合は、3〜4年程度は植えっぱなしにできますが、それぐらいたつと株が混みあってきますので、株分けを兼ねて植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回は植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをして植え替えます。

いずれの場合も、植え替えの時期は、3月上旬頃が適期です。

日常の管理

晴天が続いて乾燥するときは、庭植えでも水やりをします。

鉢やプランターの場合は、水切れに注意します。特に、夏場は、水やりを忘れないようにします。

冬の管理

地上部はなくなりますが、耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替え時に、株分けで増やすことができます。

肥料

あまり必要としませんが、春と秋に緩効性の肥料を少し与えるようにします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。