ツツジ Rhododendron ssp.

ツツジの花
写真 ツツジ '石南'
撮影時期 2009.4.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

ツツジ科
ツツジ属

園芸分類

常緑低木
落葉低木

別名

(特にありません)

原産地

日本ほか

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜5月

【ツツジについて】

ツツジ類は、日本にたくさんの種類が自生し、春の山野を美しく飾るところからツツジ王国といってもよいくらいです。もっとも、自生のものでも花が大変美しいことと、あまりに身近なためか、サツキ、クルメツツジ、ヒラドツツジを除くと、それほど園芸化されていません。

ツツジには、常緑性と落葉性がありますが、ここでは常緑性のツツジを掲載しています。アザレアクルメツツジ及びヒラドツツジは別に取り上げています。落葉性のツツジはこちらをご覧ください。

常緑性のツツジは、暖地では、まず問題なくつくれます。ただし、耐寒性がやや弱いため寒冷地の一部では栽培が不向きな種類があります。

【花の特徴と性質】

樹高

一般に栽培されているものは0.5〜2mほどです。

花色は多彩ですが、黄色〜オレンジの花が咲くものは限られます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫ですが一部に耐寒性の弱いものがあります。

学名の説明

Rhododendron・・・・・・ギリシャ語の rhodon(バラ)+ dendron(樹木)が語源です。

【主な種類と品種】

ツツジは非常にたくさんの品種がありますが、カタログなどでよく見かけるものを紹介します。

‘石楠’

ヒラドツツジとクルメツツジの交配種で大変美しく、よく植えられています。

‘御代の栄’

アザレアとヒラドツツジの交配種で、こちらもよく植えられています。(写真下)

‘紫光’

紫の花が美しい常緑性ツツジです。他に青紫の花が咲く品種としては、‘クレイターレイク’があります。

‘吉野’

有鱗片シャクナゲとツツジの交配から生まれた品種で、美しいピンクの花が咲く丈夫な品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般的に、常緑性のツツジは春植えが適期ですが、ポットや鉢に植えられている苗は秋に植えても問題はありません。

庭に植えるときは、庭土を深く掘り返し、この土にバーク堆肥を3〜4割ほど入れて、よく混ぜあわせてから植えつけます。

その際、植えられていた用土を三分の一ほど落として、少し盛り上がる程度の浅植えにします。深植えにすると、後々の成育がよくありません。植えつけたら、支柱を立てて、タップリと水やりをしておきます。鉢植えも、根が張るまでは風で倒れないよう必要なら支柱をしておくと安心です。

ツツジの花

鉢植えの用土

ツツジはやや酸性土壌を好むので、鉢植えの用土は鹿沼土を主体にしたものにピートモスか腐葉土を2〜3割混ぜたものが適しています。

植え場所・置き場所

庭に植えるときは、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。

日当たりが悪いと花付きが悪くなって、ツツジ本来の美しさを味わうことができません。

鉢植えも、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

鉢植えは、2年に1回程度は植え替えをします。時期は、落葉性のツツジよりも遅く、3月になってからが適当です。

古い土を半分ほど落として、新しい用土に植えつけます。

日常の管理

鉢植えは、4月以降、鉢土の乾きが次第に早くなってきますので、水切れを起こさないようにします。特に、夏場は、鉢を半日陰に移すなどして水切れさせないよう注意します。

冬の管理

鉢植えは、暖地以外は霜の当たらない軒下などに移します。水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

剪定

剪定は、基本的に花後に行えば間違いありません。秋に剪定する場合は、花芽を切ることになりますので注意します。

肥料

鉢植えの場合は、油粕の固形を春と秋に置肥します。

病気・害虫

最大の害を与えるのは、ベニモンアオリンガです。この害虫は、蕾を食い荒らしますので、何もしないと翌年花が見えなくなってしまいます。しかも、よく発生してやっかいです。

また、グンバイムシが発生すると、葉の色が白っぽく汚れてきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。