タマスダレ(玉簾)

タマスダレの花
写真 タマスダレ
撮影時期 2002.9.8
撮影場所 野市町にて

科名・属名

ヒガンバナ科
タマスダレ属

園芸分類

春植え球根

別名

ゼフィランサス・カンディダ

原産地

ペルー、ラプラタ地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

8〜10月

【タマスダレについて】

タマスダレは、ペルー、ラプラタ地方原産のヒガンバナ科タマスダレ属(ゼフィランサス属)の春植え球根で、古くから栽培されていて、ゼフィランサスの中でも最もよく見かける種類です。

その名前は、白い花を「玉」に(球根がタマ状になっているからとする説もあります。)、細長い葉が並んで見える様子を「すだれ」にたとえたものと言われていますが、なかなか風流なネーミングと言えます。

大変丈夫でよく増え、まとめて植えると白い花が一斉に咲きますので、とても見栄えがします。庭に植えっぱなしでも、よく育ちますので粗末に扱われることがあるのは残念です。

【栽培メモ】

他のゼフィランサスの種類と同様に、ほとんど手間がかからず育てられます。

【タマスダレの概要】

草丈

15p〜20p程度です。

花径3pほどの白花が次々と咲き続けるので長期間楽しめます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性、耐暑性ともに強く、数年は植えっぱなしができます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Zephyranthes candida

学名の説明

Zephyranthes・・・・・ギリシャ語の zephyros(西)」+anthos(花)が語源です。原産地が西インド諸島であることにちなんでいます。

candida・・・・・「純白色の」、「白く輝いた」
※ 言うまでもなく花色から付けられたものです。

【主な種類と品種】

ゼフィランサスの仲間は、こちらを参照してください。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 球根が混みあってきて、花があまり咲かなくなったら植え替えます。

植え付け

花壇に植えても、鉢やプランターでも育てやすい球根で、3月下旬から4月中が植え付けの適期です。

植えつけ時期が遅くなったりすると、植えた年はあまり花が咲かないことが多いですが、翌年になるとよく咲いてくれます。

花壇に植える場合は、腐葉土(バーク堆肥)を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も撒いて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

とても丈夫な球根ですので、用土についてはそれほど神経質になる必要はありません。市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

タマスダレの花

植え付けの深さ

花壇に植える場合は5cmほどに、鉢やプランターに植える場合は1〜2p程度にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。ただし、半日陰程度でもよく育ちます。

株間

花壇に植える場合は、3〜5pほどにしますが密植して植える方が見栄えがよくなります。ただし、詰めて植えると早く植え替える必要がでてきます。

鉢植えの場合は、5号鉢に7球程度が目安です。

植え替え

花壇に植えた場合は4〜5年は植えっぱなしにできます。プランターなども2〜3年は植えっぱなしにできますが、いずれの場合も、球根が混みあってきて、花があまり咲かなくなったら植え替えます。時期は、3月下旬から4月中が適期です。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、乾燥させすぎないようにします。

タネを採る場合を除き、花が咲き終わったら早めに摘み取って株の負担を減らします。

ふやし方

植え替えの時に分球して増やすことができます。

肥料

花壇に植える場合は、それほど肥料をやらなくてもよく育ちますが、必要なら3月と10月ごろに化成肥料を与えます。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は9月ごろに追肥します。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。