セラトテカ Ceratotheca triloba

セラトテカの花
写真 セラトテカ・トリロバ
撮影時期 2014.7.27
栽培状況 春播き後、庭植え
科名・属名

ゴマ科
セラトテカ属

園芸分類

春播き一年草

別名

ケラトテカ

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

7月〜8月

【セラトテカについて】

セラトテカ・トリロバは、ケトラテカとも呼ぶ南フフリカ原産の春まき一年草です。園芸店ではじめて見かけた花で、その時点では、まだ、種苗会社のカタログには載っていなかったように思います。

夏に咲くジギタリスに例えた人もいますが、ジギタリスと比較すると楚々とした感じです。英名はワイルドフォックスグローブと言います。

栽培したところでは、1年目に苗を買って、タネを取っておいて翌年の春に播きましたが、順調に育って、大変きれいに咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

セラトテカの花

草丈

1〜1.2mほどになります。

花径は4cmほどで、うつむき加減に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強いので夏の花壇に利用できます。

学名の説明

Ceratotheca・・・・・ギリシア語の cerato(角)+ theca(花粉のう)

triloba・・・・・「三裂片の」

【主な種類と品種】

白やピンクの花色があります。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温が高いので、十分に暖かくなってくる4月下旬〜5月中旬に播きます。育苗箱に播き、覆土は2mmほどにします。ポットに直接播いてもかまいません

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

植え付け

ポットの底に根が回ったら花壇やプランターに定植します。

花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

セラトテカの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

丈夫ですので、用土にはそれほど気を遣うことはありません。

株間

25cmほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

プランターに植えた場合は、夏の水切れに注意します。放任すると枝が伸びるので、適宜切り戻しをします。

ふやし方

次の年も育てたいときは、花後にタネを採っておきます。

肥料

花壇に植えた場合は、植えつけ時に化成肥料を1u当たり50gほど与えます。後は特に肥料を与えなくてもよく咲いてくれます。

プランターや鉢植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を与え、後は、2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

育苗中にヨトウムシに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。