セリンセ Cerinthe major

セリンセの花
写真 セリンセ・マヨール 'パープルベル'
撮影時期 2008.3.20
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬は農ポリでトンネルして霜除け)
科名・属名

ムラサキ科
セリンセ属

園芸分類

秋播き一年草

別名

(特にありません)

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【セリンセについて】

セリンセ・マヨールは、シルバーがかった青緑の葉に斑点が入る葉も特徴的ですが、紫色の花がうつむき加減に咲くところもなかなかユニークです。

あまり見かけることはありませんが、独特の雰囲気があります。

栽培したところでは、タネから育てても初期の生育がよいので、冬の寒さに気をつければ栽培は簡単でした。冬は、農ポリでトンネルをして育てましたが、よく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

セリンセの花

草丈

40〜50pほどになります。

紫の花(実際は苞と花筒部分が紫)が、うつむいて咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的ありますが、霜に当てると傷みます。耐暑性はありません。

学名の説明

Cerinthe・・・・・「蜜蝋」が語源です。

major・・・・・「より大きい」

【主な種類と品種】

花色が紫色の‘プルプラスケンス’ (purprescens)」の系統の 'パープルベル' などのタネが出ています。その他には、‘イエローキャンディ’という黄色とチョコレート色の品種があります。(写真中)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

9月下旬〜10月上旬にポットに2粒ほど直接播きます。覆土は、タネが隠れる程度にします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったら間引いて1本にします。2つ以上生えた苗を丁寧に分けて別のポットに植えつけても、特に問題はありませんでした。初期の生育がよいので、育苗は簡単です。

植え付け

本葉5〜6枚になってポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合、これは必須ではないかもしれませんが、私は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきました。

定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も混ぜて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、水はけのよい用土に植え付けますが、市販の培養土で差し支えありません。

セリンセの花

株間

20pほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと風通しのよい場所が適しています。やや乾燥気味の土壌を好みますが、普通の土であれば問題ありません。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢植えの場合は、過湿にならないようにします。

冬の管理

寒さに弱く霜に当たると傷んでしまいますので、秋に花壇に定植した場合は、霜除けが必要になります。

プランターなどに植えた場合は、霜の当たらないところに置きます。

肥料

庭植えの場合は、有機質肥料と堆肥を庭土とよく混ぜて置きます。鉢植えの場合は、暖かくなってきたら10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特に目立った被害を与えるようなものは、ありませんでした。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。