セネシオ・ポリオドン Senecio polyodon

セネシオ・ポリオドンの花
写真 セネシオ・ポリオドン
撮影時期 2015.5.6
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
キオン属

園芸分類

宿根草

別名

特にありません

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜5

【セネシオ・ポリオドンについて】

キク科キオン属(黄苑属)の仲間では、ダスティミラー(白妙菊)がよく知られていますが、このセネシオ・ポリオドンは、丈夫な宿根草で、小さな花が長い間咲いてくれます。

栽培したところでは、植えっぱなしでも手間がかからず、よく咲いてくれます。やや小さなプランターに植えていましたが、株がどんどん大きくなり庭植えにしました。

耐暑性もそこそこはありますが、写真の株は、花後に切り戻しをする作業が抜かったため、夏に蒸れて枯れてしまいました。昨今の温暖化の影響で高知の暑い夏が堪えたようです。

【花の特徴と性質】

草丈

60cmほどになります。

1cmほどのごく小さな一重の花で、花色は赤紫です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性がありますが、耐暑性はそれほど強いとは言えません。

学名の説明

Senecio・・・・・ senex(老人)に由来します。

polyodon・・・・・ギリシャ語の poly(多い)+ odon(歯)が語源です。

【主な種類と品種】

キオン属には非常に多くの種類が含まれ、ツタギクと呼ばれるミカニオイデス(Senecio mikanioides )のほか、観葉植物のクライミングセネシオ(Senecio macroglossus )やグリーンネックレス(Senecio rowleyanus )などがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけは、春と秋のいづれでもかまいません。庭植えでも鉢やプランターでも栽培できますが、生育が旺盛なので、小さな鉢では窮屈になります。

セネシオ・ポリオドンの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。暖地の場合は、午後は日陰になるようなところが最適です。強い西日が当たるようなところでは、夏越しが厳しくなります。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて、暑さと鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

株間

株が結構横に広がりますので、2株以上植えるときは30〜40cmほどにします。

日常の管理

花がひととおり終わったら、切り戻しをしてやります。

冬の管理

耐寒性がありますので、霜除け等は必要ありません

肥料

庭植えの場合は、それほど多肥にしなくても、よく生育します。

プランターなどに植えた場合は10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはありませんが、夏の高温多湿で蒸れて枯れることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。