セイヨウオキナグサ(西洋翁草)

セイヨウオキナグサの花
写真 セイヨウオキナグサ
撮影時期 2016.4.9
栽培状況 苗購入後、鉢植え

科名・属名

キンポウゲ科
オキナグサ属

園芸分類

宿根草

別名

プルサティラ・ブルガリス

原産地

ヨーロッパ、北米

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【セイヨウオキナグサ(西洋翁草)について】

セイヨウオキナグサは、ヨーロッパ原産のキンポウゲ科オキナグサ属の宿根草で、日本などに自生する種類よりは丈夫で育てやすく、園芸種として栽培されています。なお、オキナグサという名前の由来は、花が終わった後の実の白い毛を翁の頭に見立てたものと言われています。

本州から九州の山地に自生するオキナグサ(Pulsatilla cernua)は、環境庁の『植物版レッドリスト』では【絶滅危惧U類】にランクされているようですが、環境変化とともに乱獲もその一因のようです。セイヨウオキナグサと比較すると、環境適応力が弱く、やや育てにくいので、栽培するならセイヨウオキナグサをお勧めします。

栽培したところでは、夏、半日陰に置いて管理したところ特に問題はありませんでしたので、そこそこ耐暑性はあるようです。

【セイヨウオキナグサの概要】

草丈

草丈は、15pほどで、あまり大きくはなりません。冬には葉が枯れますが、暖地では2月頃に新しい葉が展開してきます。

花びらのように見えている部分は、「がく」が変化したものです。花色は赤茶、紫、黄色、白などがあり花径は5〜6pほどです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 比較的強い

耐寒性は強く、露地で問題なく冬を越します。耐暑性は、強いとは言えませんが比較的あります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Pulsatilla vulgaris

学名の説明

Pulsatilla・・・・・pulso(打つ、鳴る)の縮小形

vulgaris・・・・・「普通の」、「通常の」

【主な種類と品種】

園芸店やホームセンターなどで売られている苗は、色別で品種名の付いたものは見かけません。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 比較的冷涼な気候を好みますので、初夏から半日陰に、また、真夏は日陰になるところに置いて育てます。

タネまき

タネは、ほとんど販売されていませんので、開花株から採ったタネを採り播きするのが一般的です。タネをとったら綿毛の部分を取り除いてから播くようにします。

育苗箱にバラまきし、薄く覆土します。

植え付け

タネから育てた場合は、本葉が5枚ほどになったら鉢やプランターなどに定植します。

春に園芸店やホームセンターなどに開花株が出てきますし、秋に苗が売られていますので、これを買って植えつけると春にはよく咲いてくれます。

園芸店やホームセンターなどで売られている苗はポットに植えられていることが多いですが、この場合は、早めに根鉢を崩さないようにして一回り大きな鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。山野草用の培養土もしくは鹿沼土、赤玉土、軽石を4:4:2程度に混ぜた用土などを使います。

セイヨウオキナグサの花

置き場所

春と秋は、日当たりのよいところに置きます。

植え替え

鉢植えの場合、1年に1回、秋に植え替えを行います。

日常の管理

過湿を避け、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。

夏の管理

比較的冷涼な気候を好みますので、初夏から半日陰に、また、真夏は日陰になるところに置いて育てます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に、株分けをして増やすことができます。また、タネを播いて育てることができます。

肥料

春と秋に緩効性の肥料を置き肥します。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。