ソラナム・ラントネッティ Solanum rantonnetii

ソラナム・ラントネッティの花
写真 ソラナム・ラントネッティ
撮影時期 2000.5.14
撮影場所 野市町にて
科名・属名

ナス科
ナス属

園芸分類

半耐寒性落葉低木

別名

(特にありません)

原産地

アルゼンチン〜パラグアイ

用途

鉢植え、庭植え

花期

5月〜9月

【ソラナム・ラントネッティについて】

ソラナム・ラントネッティは、ナス科の落葉低木です。多少耐寒性が弱いですが、暖地では庭植えで冬を越します。ナス科特有の青紫色の花がいっぱいに咲くので印象に残る花です。

その後、外でも見かけることがありましたが、この写真の木ほど素晴らしいのはその後お目にかかっていません。

【花の特徴と性質】

樹高

写真の木は露地に植えられており、2m程度はあったと記憶しています。寒さに弱いとされていますが、暖地ではかなり大きく育つようです。

紫色の花で5本の筋が入るところに特徴があります。花茎は2.5〜3p程度で、たいへん花付きがよく、株を覆うように咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性があまり強くありません。

学名の説明

Solanum・・・・・ solanum(安静)が語源です。
※ いくつかの種に睡眠性の成分が含まれていることに由来します。

rantonnetii・・・・・19世紀のフランスの園芸家 M. Victor Rantonnet に因みます。

【主な種類と品種】

品種としては、紫色の品種しか見たことはありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常、春に苗が売られていますので、これを買って植え付けます。

ソラナム・ラントネッティの花

植え場所・置き場所

日当たり、水はけのよい場所に植えます。日当たりがよくないと写真のようには咲きません。

日常の管理

繁殖は挿し木で殖やすことができます。

肥料

成長する力が強いので多肥にする必要はありません。固形の緩効性肥料を与える程度にします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。