ゼラニウム Pelargonium × hortorum

ゼラニウムの花
写真 ゼラニウム
撮影時期 2012.5.14
栽培状況 秋播き後、鉢植え
科名・属名

フウロソウ科
テンジクアオイ属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

テンジクアオイ

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3〜11月

【ゼラニウムについて】

ゼラニウムは、南アフリカ原産の半耐寒性の宿根草です。テンジクアオイという如何にも古めかしい別名でもわかるように、昔から鉢やプランターで栽培されています。長期間咲き続けるのて、利用価値が高く、栽培されることの多い花です。

なお、ゼラニウムという名前は、以前にゼラニウム属(ゲラニウム属)に分類されていたことによるもので、ペラルゴニウム属とされた後も、昔の名前で呼ばれています。

ところで、ゼラニウムとして流通しているのは、ゾナレ系(ホルトルム)で、ゾナレ(P. zonale)とインクイナンス(P. inquinans)が主になった交配種です。最近の品種はとても豪華になり、八重咲きの大きな花房の品種が出ています。また、花色も一層洗練されて、絞り咲きの品種などもみることができます。花期も長く、鉢やプランターなどで大いに楽しみたい花です。

なお、株がたくさん欲しい場合は挿し木が簡単ですが、タネからも容易に育てることができます。

栽培したところでは、タネから播いて育てても、特に問題なく育ってくれます。春に播いて、その年にも花が咲きますが、株が充実した翌年によく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ゼラニウムの花

草丈

高性種は50pを超えます。矮性のものは30p程度です。

花色は、朱赤色、ビンク、橙、白、覆輪と多彩です。温度さえあれば1年中咲いています。

これまでは一重咲きの品種がほとんどでしたが、八重咲きの品種もたくさん出てきています。

耐寒性・耐暑性

日当たりを好みますが、夏の暑さにはあまり強くありません。

また、耐寒性も弱いので、暖地でも冬は日当たりのよい軒下に置いた方が安全です。寒地では日当たりのよい室内に置きます。

学名の説明

Pelargonium・・・・・・ギリシャ語の pelargos(コウノトリ)が語源です。

hortorum・・・・・「庭園の」、「花壇の」

zonale・・・・・「帯の」、「地域の」

inquinans・・・・・「汚れている」、「色がなくなっている」

【主な種類と品種】

アメリカーナ

栄養系の八重咲きの品種群で、大きな花房と鮮やかな色彩のものがあります。

ラビットアイ

実生系で、淡い桃色地に、中心は桃赤色になる一重咲きの品種です。

ラズベリーリップル

実生系で、淡い桃色地に、赤の絞りが入る一重咲きの品種です。

アイビーゼラニウムモミジバゼラニウムは、別に取り上げています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

ゼラニウムは、タネから比較的容易に育てることができます。発芽自体も良好です。

発芽適温が高いので、タネ播きの時期は4月下旬〜5月中旬が適期です。箱播きにして、タネが隠れる程度に薄く覆土します。一袋に入っているタネの数が少ないので、ポリポットや小鉢に直接播いてもかまいません。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットに植え替えて、薄めの液肥を与えながら育苗します。

植え付け

原産地が南アフリカの雨の少ないところですので、高温多湿が苦手です。このため、花壇で栽培するのには向いてなく、鉢やプランターに植えて育てます。

種を播いて育苗して育てた場合は、ポットに根が回ったら鉢やプランターに植えつけます。

ゼラニウムの花

苗を植えつける場合は、春を中心に開花株が園芸店などに出ていますので、これを買って植えつけます。

種苗会社のカタログには品種名の付いている株も出ていますので、好きな品種を選んで育てることができます。

鉢植えの用土

用土は、排水のよいものであればよく、私は、赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥を4:3:3程度に混ぜたものを使ってますが、問題なく育っています。

市販の培養土でも差し支えありません。

植え替え

鉢の場合は1〜2年に1回、プランターの場合は2年に1回程度の頻度で、春先に植え替えをします。

植え替えに併せて、伸びすぎた枝を切り戻し、枯れた部分は切り取っておきます。

置き場所

秋から春の間は、雨のかからない日当たりのよい軒下に置くようにします。

株間

標準の65pのプランターに2〜3株が目安です。

日常の管理

乾燥気味に育てることが大切で、かわいがりすぎて水を与えすぎるとうまくいきません。過湿にならないよう、水やりには注意します。

次々と花が咲いてきますので、花がらをこまめに取り除いて、見栄えをよくします。花の終わった花茎は早めに取り除きます。併せて茶色くなった葉も一緒に取り除きます。

夏の管理

風通しのよい半日陰におきます。夏は成育が衰えますので、過湿にならないよう水やりは控えめにします。

冬の管理

暖地であれば、冬も霜の当たらない軒下で大丈夫ですが、寒地は室内に取り込んだ方が安全です。

水やりは、かなり控えめにします。

ゼラニウムの花

ふやし方

株が古くなってくると次第に衰えてきますので、さし芽をして更新します。5〜6月か9〜10月に5pほど切り取って、バーミキュライトなどに挿せば容易に発根します。

このとき、2〜3日程度日陰に置いて、切り口を乾かしてから挿し芽をします。過湿にしすぎると切り口が腐ってしまうので注意します。

肥料

生育期間中は、月1回固形肥料を置き肥するか、10日に1回程度液肥を与えます。油カスのようなチッソ分の多い肥料を与えすぎると、花付きが悪くなるので注意します。

病気・害虫

過湿にすると茎腐病が出ることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。