モミジバゼラニウム

モミジバゼラニウムの花
写真 モミジバゼラニウム
撮影時期 2009.5.2
栽培状況 鉢植え
科名・属名

フウロソウ科
テンジクアオイ属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

(特にはありません)

原産地

(園芸種)

用途

鉢植え

花期

4〜11月

【モミジバゼラニウムについて】

モミジバゼラニウムは、ゼラニウムの園芸品種です。名前のようにモミジのような暗赤色に黄緑色の覆輪のある葉に特徴があります。

花は、ゼラニウムと比較すると見劣りがしますので、もっぱら葉を鑑賞すべきかもしれません。なお、 'Vancouver Centennial' という品種名は、バンクーバー100周年という意味で、それを記念して付けられたようです。

栽培したところでは、やや暑さ、寒さに弱く、ゼラニウムよりは育てにくいように思われます。

【モミジバゼラニウムの概要】

草丈

30〜45pほどです。

朱赤色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い

夏の暑さにはあまり強くありません。また、耐寒性も弱いので、暖地でも冬は日当たりのよい軒下に置いた方が安全です。寒地では日当たりのよい室内に置きます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Pelargonium hortorum cv. Vancouver Centennial

学名の説明

Pelargonium・・・・・・ギリシャ語の pelargos(コウノトリ)が語源です。

hortorum・・・・・「庭園の」、「花壇の」

【主な種類と品種】

未確認です。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 過湿を嫌いますので、水やりには注意します。

モミジバゼラニウム

植え付け

園芸店では、ほほ1年中売られています。ポット苗を買った場合は、大きい鉢に植え替えます。

植え場所・置き場所

雨のかからない日当たりのよい 軒下に置くようにします。夏は、風通しのよい明るい半日陰において、水やりを控えめにします。

また、冬は軒下か室内に取り込みます。

日常の管理

ゼラニウムと同様に過湿を嫌いますので、水やりには注意します。ゼラニウムと比較するとやや栽培が難しいように思います。

肥料

生育期間中は月1回固形肥料を置き肥するか液肥を与えます。

病気・害虫

過湿にすると茎腐病が出ることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。