セキチク(石竹) Dianthus chinensis

セキチクの花
写真 セキチク
撮影時期 2014.4.23
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

ナデシコ科
ナデシコ属

園芸分類

秋まき一年草
(宿根草)

別名

カラナデシコ

原産地

中国

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【セキチクについて】

セキチクは、元々は中国原産で、ヨーロッパで改良されたものです。「石竹」と書きますが、葉が竹の感じに似ているところから名前が付いたと言われています。花色が派手なうえに、株を覆うように咲きますので花壇に植えると大変目立ちます。

平安時代に中国から入ってきたもので、源氏物語にも「唐なでしこ」の名前ででています。

栽培したところでは、栽培は容易で、タネから簡単に育てることができ、長く花を楽しめました。

なお、上の写真は、充実した株にするため、厳冬期は不織布をベタがけして霜除けをしています。そうした方が、春までに充実した株になってよく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

セキチクの花

草丈

草丈は三寸セキチクと呼ばれる10p足らずの品種群と、五寸セキチクと呼ばれる一回り大きめの品種群があります。

いずれも小型で、花壇は勿論、鉢やプランターに植えるのに適しています。

花色は、白、桃、濃桃、赤、赤紫などがあります。

花色の鮮やかなものが多く、満開のときは株を覆うように咲くのですばらしい景観をつくります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がありますので暖地では霜除けなしで冬を越すことができますが、無霜地域以外は霜除けをした方が安心です。

一方、耐暑性はあまりなく、猛暑日が多くなってきた昨今では夏に枯れてしまう場合がほとんどです。

学名の説明

Dianthus・・・・・・ギリシャ神話の神 Dios + anthos(花)が語源です。

chinensis・・・・・「中国の」

【主な種類と品種】

日の丸

白地に中心が赤の二色咲きの品種です。

ファイアーカーペット

5寸セキチクで緋紅色の品種です。

ブラックアンドホワイトミンストレルズ

切れ込みの入る黒褐色の花色で、白いふちどりが入る印象的な花です。(写真:上から2枚目)

スノーファイア

これも5寸セキチクで白地に中心が赤の品種です。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから苗を育てることが簡単ですから、セキチクを育ててみようとするなら、是非タネから育てることをお勧めします。

タネは9月中旬〜10月中旬に、育苗箱かピートバンに播き、覆土は、タネが隠れる程度にします。寒地は春播きになります。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

セキチクの花

植え付け

花壇に植えるときは、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて耕しておきます。

本葉が7〜8枚になったころに花壇やプランター定植します。

花壇に植えるときは、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

株間を20p程度とって植えつけます。60cmの標準のプランターの場合は、3〜4株が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

長く花を楽しむためには、終わった花を適宜に取り除くようにします。

冬の管理

耐寒性がありますので、関東以西の暖地では霜除けをしなくても大丈夫です。

セキチクの花

その他の地域では霜除けをしたほうが安心です。また、その方が株が充実してよく咲いてくれます。

ふやし方

宿根性なので、梅雨の頃、新芽を採って挿し芽をすれば、容易に発根します。夏、涼しいところで管理し、秋に定植すれば、翌年も花を見ることができます。

肥料

花壇に植えるときは、化成肥料を1u当たり50gほど施し、庭土とよく混ぜて植えつけます。

後は、やせ地でない限りあまり必要ではありません。逆に肥料が効きすぎると花付きが悪くなります。

病気・害虫

暖かくなるとアブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。