スイートサルタン Amberboa moschata

スイートサルタンの花
写真 スイートサルタン
撮影時期 2016.5.13
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬は不織布で保護)
科名・属名

キク科
ニオイヤグルマ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ニオイヤグルマ

原産地

カフカス地方

用途

庭植え、庭植え

花期

4〜5月

【スイートサルタンについて】

スイートサルタンは、カフカス地方原産の秋まき一年草で、以前はヤグルマギク属(セントーレア属)に分類されていましたが、現在は、ニオイヤグルマ属に入れられています。

同じ仲間では、イエローサルタンが栽培されますが、いずれも花持ちがよく、切り花としてよく利用されます。

写真のように、細かい切れ込みの入った繊細な花形と芳香が魅力です。個人的な感想かもわかりませんが、写した写真を見ると貴婦人のような美しさがあります。

栽培したところでは、せっかく苗がよくできたものの、立枯病で半分以上が枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

スイートサルタンの花

草丈

50〜70cm程度になります。

花色はクリーム色・樺色・赤紫・ピンクなどがあります。花径は5〜6pです。花には芳香があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がやや弱く、耐暑性はありません。

学名の説明

Amberboa・・・・・(※ 不詳)

moschata・・・・・「じゃ香の香りのする」

【主な種類と品種】

同じ仲間に、鮮やかな黄色の花をつけるイエローサルタンがあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温は20度前後ですので、9月中旬〜10月上旬頃がタネまきの適期です。通常は、箱まきにして、覆土はタネが隠れる程度にします。寒地は、春まきします。立枯病に弱いので、清潔な用土を使用します。

発芽後、本葉が2〜3枚のころポットや小鉢に植え替えて、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

本葉が6〜7枚になったら根鉢を崩さないようにして、花壇やプランターなどに定植します。寒さに弱いのでポットや小鉢に植えたままフレームなどで冬を越し、春に定植してもかまいません。

酸性の土壌を嫌いますので、花壇に植え付けるときは、定植する前に苦土石灰を1u当たり100gほど播いて耕しておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も入れてから庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

また、夏に天地返しをしておくか、土壌消毒をして植え付けると立枯病や菌核病が少なくなるのではないかと思われます。あまり広い面積に植えるのでなければ、植え付け場所の土壌を運び出し、赤玉土を入れて客土するのも一つの方法かと考えられます。

なお、過湿を嫌いますので、植え付けの際、高うねにして植えつけるようにします。

スイートサルタンの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土若しくはバーク堆肥を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

株が大きくなりますので25〜30p程度にします。標準のプランターの場合は3株が目安です。

日常の管理

乾燥を好みますので、鉢やプランターに植えた場合は、過湿にならないよう注意します。

草丈が10pほどの時に摘心すると花数が多くなります。

冬の管理

耐寒性が弱いので、霜除けをする必要があります。私は、不織布を掛けていますが、これだと寒さで傷むことはありません。

肥料

花壇に植える場合は、植え込み時に緩効性の化成肥料を1u当たり30〜40gほど入れて庭土とよく混ぜてから植えつけます。有機質肥料は避けるようにします。追肥は、さほど必要ありません。

鉢やプランターに植える場合は、元肥のほかに追肥として冬場を除き、月に2回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

立枯病に注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。