スキミア Skimmia japonica

スキミアの花
写真 スキミア ' ルベラ'
撮影時期 2016.3.17
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ミカン科
ミヤキシキミ属

園芸分類

常緑低木

別名

ミヤマシキミ

原産地

日本

用途

鉢植え、庭植え

花期

3月

【スキミアについて】

スキミアは、日本原産のミカン科ミヤキシキミ属の常緑低木です。別名をミヤマシキミと言いますが、シキミ(Illicium anisatum)の仲間ではありません。葉がシキミに似ていて、山に咲くことから、この名がつけられたということです。最近は、学名のスキミアと呼ぶれることが多くなっています。

‘ルベラ'は、10月頃から赤い大きなつぼみがとても美しいので、これだけでも十分に鑑賞価値があります。

栽培したところでは、猛暑日が多くなったこの頃では、夏な株が弱り、そのまま回復しないという事態を招いています。

【花の特徴と性質】

草丈

樹高が50〜80p程度の低木です。

雌雄異株で、10月頃から赤い大きなつぼみが目立つようになります。開花は翌年の3月頃で、つぼみの頃から開花まで長い間楽しめます。花は、白花です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、夏の高温と強光が苦手です。

学名の説明

Skimmia・・・・・日本語のシキミ(ミヤマシキミ)に由来しています。

japonica・・・・・「日本の」

【主な種類と品種】

‘ルベラ’という品種が売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10月ごろになると蕾のついた株が園芸店やホームセンターなど出回りますので、通常は、これを買って育てます。庭植えにする場合でも、すぐに花壇に植えるよりも、鉢植えでしっかり育ててから、庭におろした方が安全です。

購入した株の鉢が小さく根詰まり気味のことがありますが、その場合は、根鉢をあまり崩さないようにして一回り大きな鉢に植えつけます。

スキミアの花

鉢植えの用土

鹿沼土と腐葉土(バーク堆肥)を7対3程度に混ぜた用土が適しています。

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、水はけがよいことと、年間を通じてあまり日が当たらない場所が適しています。

日当たりがよい場所に植えると、気温が高くなってくるにつれて段々と元気がなくなり、ついには葉を落として枯れてしまいます。

鉢植えも、11月から3月ごろまでは日当たりが多少よくてもかまいませんが、4月から10月頃までは日陰に置いた方が無難です。

植え替え

鉢が小さい場合は2年、ある程度大きい鉢は3年に1回を目安に植え替えをします。

植え替えの際は、あまり根鉢を崩さないようにします。

剪定

成育がゆっくりですし、あまり樹形が乱れることがありませんので、剪定はほとんど不要です。

日常の管理

鉢植えは、過湿にならないようにし、梅雨時や長雨が予想されそうなときは、雨の当たらないところに移した方が無難です。

夏の管理

夏の高温と強光が苦手ですので、関東以西の暖地の場合、風通しのよい、明るい日陰に置きます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。

鉢に植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

肥料

庭植えは無肥料で差し支えありません。鉢植えは、4〜5月と10〜11月に液肥を月1回程度与える程度にし、多肥は避けます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。