スイセンノウ(酔仙翁) Lychnis coronaria

スイセンノウの花
写真 スイセンノウ
撮影時期 2001.5.13
撮影場所 野市町にて
科名・属名

ナデシコ科
センノウ属

園芸分類

秋播き一年草
(宿根草)

別名

フランネル草
リクニス・コロナリア

原産地

南ヨーロッパ

用途

庭植え

花期

5月〜6月

【スイセンノウについて】

スイセンノウは、江戸時代に渡来したセンノウ属(リクニス属)の仲間で、全体が白い毛で覆われ、ビロードのような感触を持つところからフランネル草とも呼ばれます。丈夫で、育てやすい草花で、こぼれダネでもよく育って花が咲きます。

栽培したところでは、元々は宿根草ですが、開花した株は夏にはほとんど枯れてしまいましたので、暖地の場合は、秋播き一年草又は二年草と考えたほうがいいかと思います。

【花の特徴と性質】

草丈

50〜70p程度になります。

花茎2〜3pの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、高温多湿にはそれほど強くありません。

学名の説明

Lychnis・・・・・ギリシャ語の lychnos(炎)に由来します。

coronaria・・・・・「花冠のような」

【主な種類と品種】

赤紫色の花が一般的ですが、白やピンクの花もあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合、開花には低温に合わせる必要がありますので、秋播きが一般的です。9月下旬〜10月中旬に箱播きにするか、あるいはポットに直接播きます。覆土はせず、軽く土に押し付けておきます。タネを播く時期が遅くなると春に花が咲かない場合があります。

箱播きの場合、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて苗を育てます。ポットに播いた場合は、発芽後、徐々に間引きして一本にします。

植え付け

いづれの場合も、ポットに根が回ってきたら定植します。苗から育てる場合は、10月ごろに植えつけます。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を30gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20p程度にします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。やや乾燥気味のところを好み、水はけが悪いと失敗します。

鉢植えも日当たりのよいところに置いて育てますが、梅雨時は雨のかからない軒下などに移します。

日常の管理

終わった花は、タネを採る分を除いて、早めに取り除きます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

肥料

庭植えの場合は、秋に化成肥料を少量与えます。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の肥料を鉢土に混ぜて植えつけ、後は、春先から開花時まで液肥を月2〜3回与えます。

病気・害虫

ハダニに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。