シャリンバイ(車輪梅) Rhaphiolepis umbellata

ベニバナシャリンバイの花
写真 ベニバナシャリンバイ
撮影時期 2000.5.5
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
シャリンバイ属

園芸分類

常緑低木

別名

ハナモッコク

原産地

日本、韓国

用途

庭植え

花期

5〜6月

【シャリンバイについて】

シャリンバイは、日本及び韓国が原産のバラ科シャリンバイ属の常緑低木です。枝が車輪のように出ることと、花がウメに似ていることからこの名前が付いています。

萌芽力が強く、刈り込みによく耐えることから生け垣などに植えられていることが多いですが、花のきれいなベニバナシャリンバイは庭木としてよく栽培されています。

ベニバナシャリンバイを庭植えにしていますが、栽培したところでは、耐暑性が強くて丈夫なうえに、樹形も比較的コンパクトですので育てやすい花木と言えます。

【花の特徴と性質】

シャリンバイの花

樹高

低木で、1.5〜3mになります。

花は一般には白花で、ひとつの枝に20〜30花を付けます。

白花でも捨てがたいものですが、ベニバナシャリンバイは、写真のように美桃色の美しい色合いの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。また、潮風に耐えるので海岸の植え込みにも適していると言われています。

学名の説明

Rhaphiolepis・・・・・ギリシャ語の rhaphis(針)+ lepis(鱗片、包葉)が語源です。

umbellata・・・・・「散形花序の」

【主な種類と品種】

シャリンバイ
R. umbellata

白花で、暖地では生け垣などに利用されており、最もよく見かける種類です。

マルバシャリンバイ
R. umbellata var. integerrima

シャリンバイと同じ白花すが、葉の先が丸くなっているのが特徴です。

ベニバナシャリンバイ
R. × delacourii

シャリンバイと中国原産のインディカ種との交雑種と言われています。ベニバナという名前がついていますが、紅花ではなく美桃色で美しい花木です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

低木とは言え、樹形が横に広がりますので鉢植えには向いていないように思われます。植えつけの適期は、3〜4月です。

花壇に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の腐葉土もしくはバーク堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

シャリンバイの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

剪定

樹形を自然につくっていきますので、剪定はあまり必要としませんが、剪定をする場合は花後に行います。

シャリンバイは、その年に伸びた新枝に花芽ができ、翌春開花しますので、秋以降に選定すると花芽を切り落とすことになります。

もっとも、葉樹として利用するなら11〜12月ごろに剪定しても差し支えありません。

ふやし方

梅雨のころに挿し木で増やすことができます。10cmほどの挿し穂をつくり、鹿沼土などに挿します。

肥料

2月ごろに寒肥として、有機質肥料を株元の周辺に施します。成木になれば、さほど必要ありません。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。