シレネ・カロリニアナ

の花
写真 シレネ・カロリニアナ
撮影時期 2020.4.9
栽培状況 プランターで栽培

科名・属名

ナデシコ科
マンテマ属

園芸分類

秋播き一年草

別名

ピンクパンサー

原産地

北アメリカ東部及び中央部

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【シレネ・カロリニアナについて】

シレネ・カロリニアナは、ナデシコ科マンテマ属の秋播き一年草です。園芸店やホームセンターなどではピンクパンサーあるいはシレネ・ピンクパンサーの名前で流通していますが、ピンクパンサー品種名ではなく、流通名だと思われます。

その名のとおり、艶やかで目を引くピンクの花がとても賑やかに咲きますのでなかなか魅力があります。秋播きの一年草ですが、種苗会社のカタログにはタネは載ってなかったように記憶しています。

【栽培メモ】

ホームセンターで見かけて購入し、丸形のプランターで育てていますが、株が次第に大きくなり花もよく咲いてくれます。

【シレネ・カロリニアナの概要】

シレネ・カロリニアナの花

草丈

15〜20pほどです。

花径2pほどのピンクの一重の花が咲きます。白花もあるようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 弱い

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Silene caroliniana

学名の説明

Silene・・・・・ギリシャ神話に登場するバッカスの養父シレノス(Silenos)にちなみます。

caroliniana・・・・・「カロライナの」

【主な種類と品種】

シレネの仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 花がらをこまめに取ってやります。

植え付け

3月頃には園芸店やホームセンターに苗が出てきますので、これを買って育てます。花壇でもプランターでも育てられますが、プランターで育てる場合は、株が広がりますので、径の大きな浅底のボールプランターが適しています。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

シレネ・カロリニアナの花

株間

30pほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

プランターに植えた場合は、過湿にならないようにします。

また、花がらをそのままにしておくと株の負担になりますので、手間がかかりますが、こまめに取ってやります。

冬の管理

耐寒性があり、戸外で冬を越します。

肥料

花壇に植える場合は、植え付け時に化成肥料を1u当たり50gほど入れ、後は株の状態を見て、必要なら追肥として3月に化成肥料を株元に施します。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を元肥として与え、後は、暖かくなったら2週間に1回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。