シザンサス

シザンサスの花
写真 アトランティス フォーミュラーミックス
撮影時期 2009.3.14
栽培状況 秋まき後、鉢植え(冬は室内で管理)

科名・属名

ナス科
ムレゴチョウ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

コチョウソウ

原産地

チリ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【シザンサスについて】

シザンサスは、チリ原産のナス科ムレゴチョウ属(シザンサス属)の秋まき一年草で、ランの花のようなすばらしい色彩の花が魅力です。また、「サカタのタネ」から出ているアトランティス フォーミュラーミックスは草丈が低く、鉢やプランターで栽培するのに適しています。

現在流通している種類は、(S. pinnatus )と(S. grahamii)の交雑種が元になっています。生育がよいので、タネを播いて育てても、栽培は比較的簡単ですので、栽培したことのない方にはおすすめです。

ただし、冬の寒さに弱いので、12月に入ったら室内で管理する必要があります。もしくは、フレームや簡易温室に入れて育てる必要があります。

【栽培メモ】

栽培したところでは、苗の生育がとても早いので、日に日に株が大きくなっていきました。日当たりのよい室内に置いて管理しましたが、最も早い株は12月になると花をつけました。

また、冬の間、ビニールハウスに入れて育てた年は2月になって咲き始めました。もっとも、暖かくなってくるとビニールハウスの中では昼間の気温が上がりすぎ、花が傷んでしまいました。

【シザンサスの概要】

シザンサスの花

草丈

草丈は20〜30pほどです。高性種は50pほどになります。葉には大きな切れ込みがあり美しいものです。

鉢物として大変豪華なので、挑戦し甲斐のある花です。花径3〜4pほどで、蝶々のような花が株を覆うように咲き誇り、豪華な鉢物になります。花色はクリーム白、赤、赤紫に覆輪もあり、極彩色のすばらしい花色です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 弱い

耐寒性がないので冬は室内で管理するか、フレームや簡易温室に入れて育てます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:比較的やさしい

※ 苗から育てる場合:やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Schizanthus × wisetonensis

学名の説明

Schizanthus・・・・・ギリシャ語の schizein(裂ける)+ anthus(花)が語源です。

wisetonensis・・・・・「(イギリスの)ウィセトンの」

【主な種類と品種】

アトランティス フォーミュラーミックス

赤色、紅色、赤紫の複色花などがミックスされています。花径は4cm、草丈は20〜30pほどで、花付きが素晴らしい系統です。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 過湿を嫌いますので、雨の当たらないところに置きます。特に、開花株を雨に当てると、花が傷んで無残な姿になってしまいます。

タネまき

発芽適温は15〜20度前後ですので、10月上旬〜10月中旬頃にまきます。育苗箱やピートバンにごく薄めにまき、嫌光性種子ですので、5o程度覆土をして、日の当たらないところに置きます。

シザンサスの花

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポリポットに植え替えて、薄めの液肥を与えながら育苗します。

植え付け

ポットに根が回ったらプランターや鉢に定植します。耐寒性がないので、通常は、鉢やプランターでの栽培になります。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

鉢植えは、5号鉢に1株、プランターに植える場合は、標準のサイズだと3株植え込みます。

置き場所

鉢やプランターは日当たりのよいところに置いて、よく日に当てるようにします。

過湿を嫌いますので、雨の当たらないところに置きます。特に、開花株を雨に当てると、花が傷んで無残な姿になってしまいます。

日常の管理

草丈10pの頃から摘芯を繰り返すと側枝が多く出て、にぎやかに咲いてくれます。ただし、アトランティス フォーミュラーミックスは摘芯をしなくても自然に分枝します。

過湿を嫌いますので、根腐れを起こさないように鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

シザンサスの花

冬の管理

耐寒性がないですが、高温は必要としません。室内の日の当たるところに置いておくと思ったよりもよく生育します。

フレームや簡易温室に入れて育てても、問題なく育ちます。ただし、フレームやビニールハウスで育てている場合は、気温が上がってきたら、早めに室内若しくは雨の当たらない軒下に出します。そのままにしておくと、株が蒸れる原因になります。

肥料

元肥に緩効性肥料を入れ、2週間に1回ほど液肥を与えるようにします。

病気・害虫

多湿になると灰色カビ病が発生しやすくなります。アブラムシやオンシツコナジラミを見つけたら早めに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。