サラサウツギ Deutzia crenata f. plena

サラサウツギの花
写真 サラサウツギ
撮影時期 2008.5.25
栽培状況 庭植え
科名・属名

アジサイ科
ウツギ属

園芸分類

落葉広葉低木

別名

(特にありません)

原産地

日本

用途

庭植え

花期

5〜6月

【サラサウツギについて】

サラサウツギはウツギの八重咲き種で、花弁の外側が美しい紅色をしています。個体によって、多少色の濃淡があるようです。

ウツギの中でも特に美しい色合いが好まれ、よく植えられています。花は一斉に咲きますので、満開になると見事です。

栽培したところでは、ウツギの仲間ですので、丈夫で毎年美しい花が楽しめます。枝がよく伸びるので、毎年の剪定が欠かせません。

【花の特徴と性質】

サラサウツギの花

樹高

放任すると2mほどになりますが、剪定をすることによって樹高を低く抑えることができます。

八重咲き種で、花弁の外側が美しい紅紫色をしています。

耐寒性・耐暑性

耐暑性、耐寒性が強く全国で栽培可能です。

学名の説明

Deutzia・・・・・・オランダの Johan van der Deutz に因みます。

crenata・・・・・「円鋸葉状の」、「丸い扇型の縁を持つ」

plena・・・・・「たくさんな」、「いっぱいな」

【主な種類と品種】

ウツギの仲間は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

落葉樹ですので、真冬を除き11月から3月ごろに植えつけます。生育が旺盛なので、鉢植えにはあまり適していません。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

植え場所

土質は選びませんが、日当たりのよいところが適しています。ただし、半日程度日が当たれば、問題はありません。

サラサウツギの花

剪定

枝がよく伸びるので放任すると樹形が乱れてしまいますので、剪定は欠かせません。

剪定は花後に行います。伸びすぎた枝や込み合った枝を整理します。また、全体を切り詰めるときも花後に行います。

花芽は8月に付き始めますので、冬に剪定するときは伸びすぎた枝を軽く剪定する程度にして、花芽のついている枝を切り落とさないよう注意します。

肥料

やせ地でなければ、肥料はほとんど必要ありません。

病気・害虫

特に被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。