ゲウム Geum spp.

ゲウムの花
写真 ゲウム
撮影時期 2015.4.25
栽培状況 秋まき後、庭植え(開花は翌々年)
科名・属名

バラ科
ダイコンソウ属

園芸分類

宿根草

別名

西洋ダイコンソウ

原産地

ヨーロッパ南部など

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ゲウムについて】

ゲウムは、日本各地に分布するダイコンソウの仲間ですが、園芸店やホームセンターなどでは、‘ブレイジングサンセット’など主にヨーロッパで改良された八重咲きの園芸種がよく売られています。

これらは、主にヨーロッパ南部から小アジア原産のベニバナダイコンソウ(G.coccineum)とチリ原産のチリダイコンソウ(G.chiloene)が交雑されたものや、セイヨウダイコンソウ(G.urbanum)です。

なお、ゲウムは、アブラナ科のダイコン(大根)とは別属ですが,根元の葉が大根の葉に似ているからこのように名づけられたということです。

タネをまいて栽培したところでは、春まきにして、発芽後、いったん3号のポリポットで育てた苗を、夏前に4号のポットに植え替えて涼しいところで夏を越し、秋に定植した方が翌春によく咲いてくれました。苗の段階では、比較的耐暑性があるようです。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40cmほどになります。

濃い赤色の花で径3〜3.5pほどです。他に黄色の花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、冬はロゼット状で越冬します。耐暑性もそこそこありますが、品種によっては、関東以西の暖地では夏越しが難しい種類もあります。

学名の説明

Geum・・・・・この植物の古ラテン名に由来します。

coccineum・・・・・「深紅色の」

chiloene・・・・・「チリの」

urbanum・・・・・「都市の」、「都市に属する」

【主な種類と品種】

‘ブレイジングサンセット’

赤花の八重咲き品種です。

‘ゴールデンボール’

黄花の八重咲き品種です。

‘マイタイ’

アプリコット色の八重咲き品種です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てる場合は、春まきの場合は3月下旬〜4月上旬に、秋まきの場合は9月中旬〜10月上旬にまきます。育苗箱にまき、薄く覆土をします。発芽まで1ヶ月ほどかかることがありますので、その間、用土が乾かないよう注意します。

発芽後、本葉3〜4枚のころに3号のポリポットに植え替えて、苗を育てます。

植え付け

タネから育てた場合は、ポットに根が回ったら花壇やプランターに植えつけます。春まきの場合は、苗を涼しいところで育て、秋に定植する方法もあります。

苗から育てる場合は、春に苗が売られていますので、これを買ってきて、根鉢を崩さないようにして植えつけます。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を1u当たり50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ゲウムの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植える場合は、30pほどとします。60cmの標準のプランターの場合は、3株を目安にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、水はけのよいところに植えつけます。耐暑性がやや弱いので午後から日陰になるところが適しています。

鉢やプランターは、夏以外は日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

あまり多湿にならないようにします。

夏の管理

種類にもよるとは思いますが、全体的に耐暑性はそれほど強くないので、鉢やプランターは、半日陰の涼しいところに置くようにします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくします。

ふやし方

タネから育てる以外に、春又は秋に植え替えを兼ねて株分けして増やすことができます。

肥料

鉢植えの場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、春と秋に液肥を月に2回ほど与えます。

庭植えは、定植するときに施肥しますが、秋に定植するときは、春になったら追肥をします。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。また、種類によっては、夏の高温多湿で蒸れて枯れることがあります。特に、関東以西の暖地の場合、開花後の大きな株は、蒸れて枯れる場合が多くなります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。