コンロンカ(崑崙花) Mussaenda

コンロンカの花
写真 コンロンカ・フィリッピカ
撮影時期 2003.5.10
栽培状況 開花株購入
科名・属名

アカネ科
コンロンカ属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

ムッセンダ

原産地

熱帯アジア、熱帯アフリカ

用途

鉢植え

花期

7月〜10月

【コンロンカについて】

コンロンカは、アカネ科コンロンカ属の常緑低木で、単にコンロンカと言えば、種子島や台湾、中国南部に分布している白いガクのパルビフローラ(M. parviflora)を指す挿す場合が一般的です。

それ以外に、西アフリカ原産で赤いガクのヒゴロモコンロンカ(M. erythrophylla)や種小名のとおりフィリピン原産のフィリッピカ(M philippica)の園芸種(交配種)が出回っていて、園芸店やホームセンターなどで見かけることがあります。

コンロンカ属の白や赤など花弁のように見えるのはガクの部分です。花は黄色の小さな花で、それほど目立ちません。

栽培したところでは、やはり耐寒性が弱く、軒下に置いてあったところ、冬を越すことができませんでした。そこで、パルビフローラを室内に入れておいたところなんとか冬を越し、1年経つと下の写真のようによく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

コンロンカの花

樹高

園芸店では30〜50p程度のものがよく出ています。本来は1〜2mになるようです。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありません。

学名の説明

Mussaenda・・・・・スリランカでの名前が属名になっています。

philippica・・・・・「フィリピンの」

parviflora・・・・・ parvus(小さい)+ flora(花)が語源です。

erythrophylla・・・・・ギリシャ語の erythro(赤)+ phylla(葉)が語源です。

【主な種類と品種】

フィリッピカ
M. philippica

フィリピン原産で、花は小さく散房状に咲きます。フィリピカ種のガクは基本色は白ですが、ヒゴロモコンロンカとの交配種が多く、桃、赤などの品種があります。

パルビフローラ
M. parviflora

花冠は1〜2cmで黄色で、見栄えがしませんが、白色のガクは花弁のように見え、花の黄色との対比がよく目立ちます。(写真:中と下)

ヒゴロモコンロンカ
M. erythrophylla

西インド原産で、ガクが赤くなる品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般には春に出回りますので、これを買って育てることになります。耐寒性が弱いので、通常は、鉢での栽培になります。

購入した鉢が小さいときは、一回り若しくは二回りほど大きな鉢に植え替えます。

コンロンカの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土が適しています。鹿沼土、赤玉土、腐葉土(バーク堆肥)を等量に混ぜたものなどを使います。

置き場所

日当たりを好みますので、日当たりのよいところで育てます。

植え替え

鉢が小さいときは毎年、少し大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に植え替えをします。時期は5月頃が適期です。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

夏場、乾燥させすぎないようこまめに水やりをします。

剪定

枝が伸びて樹形が悪くなったときは、植え替え時に半分程度に切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性が弱いので、冬は室内に置きます。関東以西の暖地でも、軒下では冬を越せません。

室内に置いても、落葉して生育が止まりますので、水やりはごく控えめにします。

ふやし方

6〜7月ごろに挿し木で増やすことができます。

肥料

成育期間中、月に1回、固形の緩効性肥料を置き肥します。

病気・害虫

ハダニやカイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。