コンボルブルス・クネオルム Convolvulus cneorum

コンボルブルス・クネオルムの花
写真 コンボルブルス・クネオルム
撮影時期 2006.5.3
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒルガオ科
コンボルブルス属

園芸分類

小低木

別名

(特にありません)

原産地

南ヨーロッパ

用途

鉢植え

花期

4〜5月

【コンボルブルス・クネオルムについて】

コンボルブルス・クネオルムは、南ヨーロッパ原産のヒルガオ科の小低木です。シルバーリーフが特徴で、花径4cmほどの白い花が咲きます。コンボルブルス属の仲間には、サンシキヒルガオと呼ばれる一年草の トリコロール(C. tricolor) やブルーカーペットと呼ばれるサバティウス(C. sabatius)も栽培されています。

クネオルムは、サバティウスより耐寒性がありますので、関東以西の暖地では冬は軒下で冬を越すことができます。

栽培したところでは、比較的育てやすかったです。過湿を嫌いますので、梅雨などを考えると、水はけが特によいところでないと、庭植えではよく育たないように思いますが、試したことはありません。

【花の特徴と性質】

草丈

60pほどになります。

花径4cmほどの白い花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強く、耐寒性もあります。

学名の説明

Convolvulus・・・・・ convolvere(巻き付く)が語源です。

cneorum・・・・・ジンチョウゲ属のギリシャ語の名前に由来します。

【主な種類と品種】

コンボルブルス属の中では、一年草の トリコロール (C. tricolor) と宿根草のサバティウス (C. sabatius) もよく栽培されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

4〜5月に花付きのポット苗が売られていることが多いので、通常はこれを買って育てます。ポット苗を購入したら早めに5号程度の鉢やプランターに植え付けます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を好みますので、赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜた用土にパーライトを1割ほど加えた用土、若しくは山野草の培養土を使います。いずれの場合も苦土石灰を少し加えておきます。

コンボルブルス・クネオルムの花

置き場所

日当たりと風通しのよいところで管理します。過湿を嫌いますので、梅雨時など雨が続くようなときは、軒下など雨のかからないところに移します。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。時期は春又は秋のいづれでもかまいません。

根鉢をあまり崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え替えます。

日常の管理

暑さには強いですが、過湿にならないよう注意します。花がひととおり終わったら切り戻しをしておきます。

冬の管理

クネオルムはサバティウスよりも耐寒性が強く、暖地では、戸外でも冬を越すことができます。

ふやし方

繁殖は、挿し木が可能です。時期は、6月若しくは9月下旬〜10月上旬が適期です。

肥料

それほど多肥にする必要はありません。3〜5月と10月に緩効性の化成肥料を与えます。量は少なめにします。

病気・害虫

特段ないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。