クラーキア Clarkia unguiculata

クラーキアの花
写真 クラーキア・ウングイクラータ
撮影時期 2007.4.29
栽培状況 秋まき後、庭植え(厳冬期のみ農ポリでトンネル栽培)
科名・属名

アカバナ科
クラーキア属

園芸分類

秋まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

カリフォルニア州

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【クラーキアについて】

クラーキアとして一般に栽培されるのは、カリフォルニア州原産のアカバナ科クラーキア属のクラーキア・ウングイクラータ(C. unguiculata)です。秋まき一年草で、同属のゴデチアC. amoena)と比較すると、あまり栽培されることが少ないと言えます。

写真のようにゴデチャとは花の形が少し変わっていますが、花がたくさん咲くので、こちらもなかなか見応えがあります。

栽培したところでは、以前に「サカタのタネ」のカタログに出ていたのでまいてみましたが、初期の生育がよく、育苗はすこぶる簡単でした。

耐寒性がありますが、摘芯をして霜の降りそうな日にはトンネルをしています。冬が来る前に、摘芯をしましたが、そうしないとトンネルができないほどに草丈が伸びてしまいます。

【花の特徴と性質】

クラーキアの花

草丈

70〜80pほどになります。

花径3pほどで、白、ピンク、赤色などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的ありますが、霜の降りるような厳冬期は霜除けをした方が無難です。

学名の説明

Clarkia・・・・・アメリカ合衆国の探検家で博物学者の William Clark に因みます。

unguiculata・・・・・「爪状の部分がある」

【主な種類と品種】

「サカタのタネ」から花色をミックスしたタネが出ていました。


【育て方と栽培のポイント】

タネまき

高温では発芽しないので、10月上旬〜下旬に播きます。発芽後の生育が非常によいので、あわてて播く必要もありません。育苗箱にまき、覆土はタネが隠れる程度にごく薄くします。

発芽後、本葉が2〜3枚になったらポリポットに植え替えて、苗を育てます。

植え付け

大きくなってからの移植を嫌いますので、本葉が5〜6枚になってポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターに定植します。

花壇に植え付けるときは、腐葉土若しくはバーク堆肥を1u当たり10Lほど入れ、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

クラーキアの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土、あるいは、赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

株間

20p程度にします。60pの標準のプランターなら3〜4株が目安です。

日常の管理

秋に一度摘心すると、枝数が増えて花がにぎやかに咲き、草丈も低く抑えられます。

伸びすぎると倒伏しやすくなりますので、支柱が必要な場合があります。

冬の管理

耐寒性は比較的ありますが、霜に当てないようにします。花壇に植えた場合は、厳冬期は不織布でトンネルをするなどして霜除けをします。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくします。

肥料

肥料は控えめにします。特に窒素肥料を多く与えると徒長して、倒伏しやすくなります。

花壇に植える場合は、植え付け時に、緩効性の化成肥料を1u当たり30gほど与えます。追肥はほとんど必要ありません。

鉢やプランターに植える場合は、元肥のほかに冬場を除き、追肥として月に2回程度液肥を与えます。市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥は不要です。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。